金沢区・磯子区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

いざ、市大会制覇へ 夏山・ペタンククラブ

スポーツ

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena
真剣な表情でブールを投げる
真剣な表情でブールを投げる

 「いいぞいいぞ」「ああ惜しい」「さすが、上手ですね」――ある土曜日の午前、夏山公園に、活気に満ちた声が響いていた。

 声の主は「夏山仲よし会ペタンククラブ」のメンバー。5月13日(水)に行われる横浜市大会に向け、ペタンク(※)の練習を行っていた。「普段は勝負にこだわらないが、市大会前はみんな、いつもより気合いが入っています」と、クラブ代表の益子己之次(みのじ)さん(75)は笑顔を見せる。

 同クラブのメンバーは24人で、昨年11月の区大会には6チームが出場。このうち2チームが優勝と準優勝を飾り、市大会出場の切符を手に入れた。

 区大会は3連覇だが、市大会ではまだ優勝経験がない。益子さんは「優勝チームは全国大会に行ける。戸塚区や磯子区のチームが強敵なので、特訓を重ねて勝ちたい」と意気込む。

難しさに「ハマる」

 「単純に見えて意外と奥が深い」と益子さん。金属製の球を目標球に近づけるだけでなく、相手の球に当てて、はじき飛ばすことも作戦のひとつだ。「グラウンドの硬さや砂の量によっても必要な力は全然違う。難しいからこそ、一度始めたらハマるんだ」とにやり。

 「球は約700グラムと軽いので、女性でも気軽に楽しめるのが良い所」と話すのは、大森鈴子さん(65)。同クラブは7割が女性メンバーで、活気もあるという。「ペタンクがきっかけで地域での交流も増えた。いくつになっても楽しめるスポーツなので、長く続けたい」



 ※ペタンク…フランス発祥。1チーム3人。横4m、縦15mのエリア内に設けたサークルから、金属製の球(ブール)を投げ合う。目標球(ビュット)へより近づけることで得点を競う。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

利用促進で飲食店支援

市補正予算案

利用促進で飲食店支援 経済

消費者に5%分還元

9月16日号

小幡正雄氏が死去

小幡正雄氏が死去 政治

11期42年、市議務める

9月16日号

畑を彩る「磯子区の花」

畑を彩る「磯子区の花」 社会

氷取沢町の農業専用地区

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

感染症対策施し、屋内開催

9月16日号

七志が「夢のらーめん」再現

お絵かきコンテスト

七志が「夢のらーめん」再現 社会

最優秀賞に汐見台小の宮田さん

9月16日号

金沢区民の作品募集

金沢区民の作品募集 文化

11月の文化祭で展示

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook