金沢区・磯子区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

「最期は自宅で看取りたい」 在宅医療相談室がサポート

社会

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena

 4人に1人が75歳以上の超高齢化社会が到来する2025年問題。厚生労働省は医療費抑制のため、在宅での医療・介護を推進する「地域包括ケアシステム」の形成に力を入れている。

 横浜市は2013年、西区で在宅医療連携拠点のモデル事業を開始。金沢区では今年1月、三師会館に在宅医療相談室(【電話】045・782・5031)が開設された。医療を必要とする高齢者が退院してもスムーズに在宅療養生活に移行できるよう支援している。

◇  ◇  ◇

 谷津町在住の森龍雄さん(74)・朱美さん(69)夫妻が相談室のことを知ったのは開設間もない1月下旬。朱美さんは早速、三師会館を訪れ、特別養護老人ホーム金沢美浜ホーム(釜利谷東)に入所していた母親の田井壽代(ひさよ)さん(92)のことを相談した。「歩くことも困難な母親の自宅介護は不安が大きく、ずっと悩んでいた。でも最期は自宅で過ごさせてあげたいと思って」と朱美さん。話を聞いた相談室の職員は「全力で支えるから大丈夫」と言葉をかけ勇気づけた。

 4月3日、美浜ホームを訪れた朱美さんは母親の姿を見て、最期の時が近づいていると察知。すぐに相談室に向かった。動揺する朱美さんに職員は「看取りのスペシャリストをすぐ揃えるから」と声をかけ、自宅介護が決まった。朱美さんは早速、母親に家に帰れることを告げると「そう」と満面の笑顔で応えたという。「本当に嬉しそうだった」と振り返る。

 それからの職員の動きは早かった。事務手続きからケアマネージャー、医師、ヘルパー、看護師の手配まで短期間で実施。危険な状態もあったが、美浜ホームのスタッフは「あと数日で帰れるからね」と田井さんを励まし続けたという。

 そしてわずか4日後の7日夕刻、田井さんは帰宅。その夜、静かに息を引き取った。「間に合わないんじゃないかと思ったことも。命のリレーでした」と朱美さん。「相談室やホームの職員、医師、ケアマネ、看護師――誰が欠けてもできなかった。本当にありがたかった」と感謝を述べる。相談室は「後悔のない看取りができてよかった。様々なケースがあると思うので悩んでいるなら、まずは相談してほしい」と話した。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

とみおかーと有償実証実験

11月1日から

とみおかーと有償実証実験 社会

本格運行に向け、最終段階に

10月28日号

横浜ダンパラ終演

ダンスの楽しさ伝える

横浜ダンパラ終演 文化

10月28日号

レジに詐欺防止ステッカー

クリエイト

レジに詐欺防止ステッカー 社会

磯子丸山店でセレモニー

10月28日号

オリックスから3位指名

横浜高出身福永選手

オリックスから3位指名 スポーツ

将来の主力として期待

10月28日号

発祥のドリア販売

ニューグランド

発祥のドリア販売 文化

読者3人にプレゼント

10月28日号

地下鉄50周年を記念

市営交通カレンダー

地下鉄50周年を記念 経済

1700冊限定で販売中

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コース作って散歩楽しむ

コース作って散歩楽しむ

磯子で11月から5回講座

11月24日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook