金沢区・磯子区版 掲載号:2015年6月11日号 エリアトップへ

高性能消防ヘリ 政令市初 2機体制に 救助活動に広がり

社会

掲載号:2015年6月11日号

  • LINE
  • hatena
空港長の菊池さん。奥が2号機
空港長の菊池さん。奥が2号機

 横浜市消防局は6月4日から、消防ヘリコプター2機のうち1機を高性能機体に更新し運用を開始した。2013年に同型機体に更新した1号機と合わせ、最新機体2機体制の運航は政令市で初めて。2機を連携させることで、途切れることのない航空消防活動を目指していく。

 災害発生時の情報収集や捜索、消火や救助活動などを担う消防ヘリ。1号機は昨年度、災害時に30回出動した。市内での火災発生時が最も多いが、県内での山岳や海上の遭難救助にも協力している。

 導入された新型は2基あるエンジンの一つが停止した場合も活動が継続可能。3358馬力とエンジン出力が2倍以上になったことで航続距離も大幅に延びた。同局横浜ヘリポート空港長の菊池清博さんは「条件が揃えば函館から大分間を無給油で飛ぶことができるほど」と話す。また、気象による飛行リスクも改善され、1回の救助可能人数も1人から12人と格段に増加。広範囲かつ効果的に消防活動ができるという。

 運用初日は横浜ヘリポート(金沢区)で2号機を使った救助訓練を実施。地上約21mの高さから隊員が降り、担架で救助者を釣り上げた。菊池さんは「心の引き締まる思い。クルーも迅速的確に動けるよう訓練に励みたい」と話した。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

1週間で27人増

【Web限定記事】新型コロナ

1週間で27人増 社会

金沢区、磯子区の感染者数

4月22日号

10年がかりでトイレ設置

10年がかりでトイレ設置 社会

洋光台ひろば公園が一新

4月22日号

「交通安全」意識して

「交通安全」意識して 社会

金沢・磯子両区で啓発

4月22日号

法人化で新たな一歩

あしたタウンプロジェクト

法人化で新たな一歩 社会

micが並木ラボを運営

4月22日号

15周年記念で名画展

15周年記念で名画展 文化

5月1日 旧川合玉堂別邸

4月22日号

ミニこいのぼりを作ろう

ミニこいのぼりを作ろう 文化

27日から3日間

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter