金沢区・磯子区版 掲載号:2015年7月9日号
  • googleplus
  • LINE

智将の横顔【2】野球人×渡辺監督 「師は乗り越えるべき壁」 今夏で勇退する横浜高校・渡辺元智監督を、仲間、野球人、家族の視点できりとる

スポーツ

 2008年の南神奈川大会決勝、横浜創学館高校の甲子園行きを阻んだのは森田誠一監督=写真=の母校・横浜高校だった。「お前を甲子園に行かせてあげたいが、勝負ってのはそういうもんじゃないんだ」――三塁ベンチに歩み寄り、握手を求めて言った恩師の言葉が脳裏に焼きついている。

 金沢中学から横浜へ。「1年からレギュラーとってやるって軽い気持ちが、練習を見て沈んだ」。愛甲猛選手率いる横浜が全国制覇した80年。猛々しい雰囲気に圧倒された。特に「雲の上の存在」だった渡辺監督。「ノックバットを持つと嫌だったね。打球が速くて、捕れないとしつこくて」と笑う。

 チャンスが巡ってきた1年秋は、公式戦で代打に立つも三振。「一言声をかけられたのが『お前は二度と使わん』」。再び訪れた好機は学年が一つ上がってから。「ここでやらなきゃ。今思えばそれが指導だったんだ」。その夏には二塁手として甲子園の土を踏んでいる。

 現役時代から恩恵を受けてきた。バットやボールが揃い、環境が整っていた当時。「選手を思った監督の努力があったのかな」。部員には現在、不自由なく野球ができるありがたみを説いている。「渡辺監督の名前を使って強いチームと練習試合を組んでもらったとかね」とバツが悪そうに笑う。知らず知らず影響され「似た指導をしてるなって思う時がある」。そうして監督就任時の91年以降、”無名校”を神奈川上位に食い込む強豪校へ生まれ変わらせた。

 甲子園が見えてきた頃には、手の届かなかった母校も絶対に勝つべき相手に。「強い母校であってほしい、でも渡辺元智という大きい壁を乗り越えない限り甲子園はない」。縁あって就任した創学館は奇しくも横浜と同じ金沢区。切符は一枚しかない。「宿命ですね」。最近は互いを意識してか練習試合も減った。「森田のとこはあと一歩と言われる」と苦笑い。「あとはうちを倒すだけだぞ、でも負けねえぞって思っているのかも」

 今の横浜を「打って守れるチームに切り替わった」と見ている。その進化こそが横浜の強さだという。「名監督っていうのは時代に合った指導ができるんだろうな」。かつての”打の創学館”も方向転換を始めた。「変わりつつあるねえ」。母校を越えるためにも、進化を目指す。

 だが、残すチャンスは今夏限り。当たるとすれば08年と同じ、決勝だ。「花を持たせてあげたい。だけど監督の言葉を借りれば、勝負だから互いに厳しくね」

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

『横濱愛』でまちづくりを

横浜青年会議所

『横濱愛』でまちづくりを

2月15日号

「感謝」胸に50周年

「産業団地の魅力知って」

旧柳下邸の雛祭り

つぼみほころぶ杉田梅

妙法寺

つぼみほころぶ杉田梅

2月15日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月15日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク