金沢区・磯子区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

金沢消防署 市初「火災防御計画」を作成 文化財保護に着手

社会

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena
文化財の状況を確認する消防署職員(金沢消防署提供)
文化財の状況を確認する消防署職員(金沢消防署提供)

 金沢消防署は6月から9月にかけ、区内の文化財を火災から守るための調査を実施し、市内で初めて「火災防御計画」を作成した。調査では文化財の種類や保管場所を把握したほか、文化財管理者への注意喚起も行った。

 調査の対象となったのは、区内17カ所の施設が管理する国や県、市指定の有形文化財83件。

 文化財の約半数は県立金沢文庫で保管されているが、仏像や絵画、書籍などの多くは、区内の寺社が「文化財管理者」として保管していることが多い。同署はこれらの施設を一件ずつ訪問し、約3カ月間かけて調査したほか、火災への注意喚起も行った。

文化財を把握

 きっかけは2013年に発生した旧川合玉堂別邸(富岡東)火災だ。このとき焼失した母屋は、市指定の有形文化財だった。同署の小出健署長は「一度焼失すると、仮に再建できても文化財にはならない。繰り返してはいけないという区民の思いを受けた」と話す。今年3月から4月にかけ、全国の寺社に油がまかれた事件が発生したことも、事業を始めた理由のひとつだ。

 金沢区は市内で最も文化財が多い。その大部分が、木材や紙でできている。同署警防課の担当者は「万が一の火災のとき燃えやすいものが多いため、建屋をいち早く消火し、より重要性の高いものから早急に運び出す必要がある」と話す。

 調査では、文化財の保管位置を確認したほか、ひとつひとつを写真撮影。一般では非公開の文化財も記録した。「手のひらに乗るサイズもあれば、大きな銅鐘もある。保管場所や、どれが文化財なのかの把握に努めた」という。

 この計画は今後、消防団とも共有していく。また来年1月の文化財防火デーでは、今回の計画に基づき訓練を行う予定だ。小出署長は「調査により文化財の管理者との連携強化にもつながった。この計画を役に立て文化財を守っていきたい」と話す。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

パラ五輪馬術に出場

富岡東在住稲葉選手

パラ五輪馬術に出場 スポーツ

地元商店会が壮行会

7月29日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月29日号

「役割や活動知って」

保護司会

「役割や活動知って」 社会

7月は「社明運動」強化月間

7月22日号

4割が土砂災害警戒区域

横浜市立校

4割が土砂災害警戒区域 社会

避難計画は作成済み

7月22日号

京急線駅と並木結ぶ

321系統バス

京急線駅と並木結ぶ 社会

利便性確保へ新路線

7月15日号

備蓄品寄付して廃棄削減

ストックベース

備蓄品寄付して廃棄削減 社会

水を安藤建設と杉田小へ

7月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter