金沢区・磯子区版 掲載号:2016年10月13日号 エリアトップへ

区内在住山岸夫妻 ダンスでねんりんピックへ 横浜市代表に選出

文化

掲載号:2016年10月13日号

  • LINE
  • hatena
当日も同じ衣装で挑む山岸夫妻(本人提供)
当日も同じ衣装で挑む山岸夫妻(本人提供)

 「ねんりんピック」の名で知られる、60歳以上の人々の祭典「第29回全国健康福祉祭ながさき大会」が長崎県で10月15日(土)から始まる。同大会のダンススポーツ交流大会に、横浜市代表として金沢区在住の山岸慶治さん(62)・幸子さん(62)夫妻が出場する。

 「全国から強豪チームが集まってくる。上位入賞を狙いたい」と声を揃える2人。数回の選考会を経て、代表の4枠に食い込んだ。個人戦、団体戦でラテンの部に挑む。「普段の競技会ではライバルでも、団体では仲間。楽しみたい」と幸子さんは笑顔を見せる。

 慶治さんとダンスの出会いは40代の頃。「はじめは会社の業務命令だった」と冗談めかす。だが、いつしか定年後は幸子さんと一緒に踊りたいと思うように。「大学時代に少し踊ったきり。憧れがあった」という幸子さんを誘い、パーティーダンスを習い始めた。

 その魅力にはまり、競技の世界に足を踏み入れたのは2000年。昇級を目指し、2人で切磋琢磨してきた。現在はB級保持者として、ラテンもスタンダードもこなす。

 小柄な2人にとっての強みが「元気の良さ」。機敏な動きで印象づける。だが、繊細な指先の表現まで気を抜かない。「完成はない。細かなところを最後まで調整したい」と幸子さんは話す。”定年後に妻と踊る”夢を叶えた慶治さんは「同じダンスという趣味を通し、息を合わせて同じ方向に進める」とその魅力を話す。健康維持や生活の息抜き、生きがいなど、もたらす功績も大きい。一度フロアに躍り出ると「非日常の世界」と慶治さん。「息長く続けていきたい」とほほ笑んだ。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

「小児がん知って」と原画展

「小児がん知って」と原画展 文化

絵本に込めた思い伝える

6月20日号

22日に「ぴあぶんこ祭」

関東学院大社会学部

22日に「ぴあぶんこ祭」 社会

福祉で地域交流を

6月20日号

レベル4で全員避難

レベル4で全員避難 社会

豪雨などに備え運用開始

6月20日号

集まれ、街の音楽家

横浜音祭り

集まれ、街の音楽家 文化

プロ・アマ不問で募集中

6月20日号

「軽減税率の説明会を」

「軽減税率の説明会を」 経済

横浜南間税会が総会

6月20日号

苅部さんが指導法語る

リオ五輪リレーコーチ

苅部さんが指導法語る 文化

7月5日 横浜市大で

6月20日号

事業計画案などを審議

事業計画案などを審議 経済

産連協が総会

6月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月6日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

苅部さんが指導法語る

リオ五輪リレーコーチ

苅部さんが指導法語る

7月5日 横浜市大で

7月5日~7月5日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク