金沢区・磯子区版 掲載号:2016年10月13日号 エリアトップへ

廃材がアートに変身 企業とアーティスト結ぶ

文化

掲載号:2016年10月13日号

  • LINE
  • hatena
作品に廃材を積み運ぶ
作品に廃材を積み運ぶ

 アーティストネットワーク+コンパスが主催する「会社まるごとギャラリー」(会場は山陽印刷╱福浦ほか)で展示されている動くオブジェのパフォーマンスが10月3日、行われた。作者の杉山孝貴さん(34)が、産業団地内の企業から提供された廃材を作品に積み、中区黄金町まで練り歩いた。

 作品の丸みを帯びたフォルムは、さなぎをイメージしたという。昆虫はさなぎになると、さなぎの中で体を溶かしてぐちゃぐちゃにしてから、蝶などの成体に生まれ変わることから、作品を「Makeover in a head」(頭の中で大変身)と命名。「様々な企業から廃材を受け取り、作家の頭の中で再構築して作品を生み出す」という展示会のコンセプトになぞらえて製作した。

 素材となったのは、福浦や幸浦にある企業から提供された廃材が主。タイヤは協和タイヤ商会、フレームに波打つ針金は鶴見金網、円盤状の飾りは山装から提供された。山装の担当者は「提供したものが一般人には思い浮かばない作品になるので、毎年楽しみにしている」と期待をよせる。

需要と供給が一致

 杉山さんは自身で作品を創作する傍ら、NPO黄金町エリアマネジメントセンターの職員として、黄金町で地域やアーティストと一緒に活動している。今回、会社まるごとギャラリーに参加したことで、「廃材を活用して欲しい企業側と、廃材に創造力が刺激されるアーティストとの需要と供給が一致するのでは」と発想。自らの作品を使って、廃材を運ぶパフォーマンスを思いついた。

 当日は展示していた山陽印刷を午前10時過ぎにスタート。山装、坪倉興業、鶴見金網をまわり、不織布や金属のメッシュ材、カーラジオなどを提供された。

 黄金町に到着したのは、午後4時40分ごろ。「大きな作品だったので、通れる道を選ぶのが大変だったが、歩いてみると意外に近く感じた」と振り返る杉山さん。「子どもたちの反応は特に良く、形から得た自分のイメージを伝えてくれた」という。廃材を見たアーティストの反応は「とても興味がありそうだった」とも。何人かに素材を託し、今年度中には黄金町で展示したい考えだ。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク