金沢区・磯子区版 掲載号:2016年10月13日号 エリアトップへ

廃材がアートに変身 企業とアーティスト結ぶ

文化

掲載号:2016年10月13日号

  • LINE
  • hatena
作品に廃材を積み運ぶ
作品に廃材を積み運ぶ

 アーティストネットワーク+コンパスが主催する「会社まるごとギャラリー」(会場は山陽印刷╱福浦ほか)で展示されている動くオブジェのパフォーマンスが10月3日、行われた。作者の杉山孝貴さん(34)が、産業団地内の企業から提供された廃材を作品に積み、中区黄金町まで練り歩いた。

 作品の丸みを帯びたフォルムは、さなぎをイメージしたという。昆虫はさなぎになると、さなぎの中で体を溶かしてぐちゃぐちゃにしてから、蝶などの成体に生まれ変わることから、作品を「Makeover in a head」(頭の中で大変身)と命名。「様々な企業から廃材を受け取り、作家の頭の中で再構築して作品を生み出す」という展示会のコンセプトになぞらえて製作した。

 素材となったのは、福浦や幸浦にある企業から提供された廃材が主。タイヤは協和タイヤ商会、フレームに波打つ針金は鶴見金網、円盤状の飾りは山装から提供された。山装の担当者は「提供したものが一般人には思い浮かばない作品になるので、毎年楽しみにしている」と期待をよせる。

需要と供給が一致

 杉山さんは自身で作品を創作する傍ら、NPO黄金町エリアマネジメントセンターの職員として、黄金町で地域やアーティストと一緒に活動している。今回、会社まるごとギャラリーに参加したことで、「廃材を活用して欲しい企業側と、廃材に創造力が刺激されるアーティストとの需要と供給が一致するのでは」と発想。自らの作品を使って、廃材を運ぶパフォーマンスを思いついた。

 当日は展示していた山陽印刷を午前10時過ぎにスタート。山装、坪倉興業、鶴見金網をまわり、不織布や金属のメッシュ材、カーラジオなどを提供された。

 黄金町に到着したのは、午後4時40分ごろ。「大きな作品だったので、通れる道を選ぶのが大変だったが、歩いてみると意外に近く感じた」と振り返る杉山さん。「子どもたちの反応は特に良く、形から得た自分のイメージを伝えてくれた」という。廃材を見たアーティストの反応は「とても興味がありそうだった」とも。何人かに素材を託し、今年度中には黄金町で展示したい考えだ。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

公会堂で初の朗読公演会

洲崎町在住橘さん

公会堂で初の朗読公演会 文化

多彩なジャンル 15組が出演

6月13日号

国交大臣賞を受賞

金沢八景まちづくり協議会

国交大臣賞を受賞 社会

駅周辺のまちづくりに貢献

6月13日号

NHK杯で準優勝

釜利谷高ボウリング部菅野選手

NHK杯で準優勝 スポーツ

アマ日本一の座に肉薄

6月6日号

模索10年で組織化

お助け隊なみき

模索10年で組織化 社会

日常の困りごとに対応

6月6日号

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月30日号

金沢高2選手が優勝

陸上県総体

金沢高2選手が優勝 スポーツ

100m・安田選手 砲丸・木村選手

5月30日号

運営方針を公表

磯子区金沢区

運営方針を公表 社会

子育て支援、防災など強化

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月6日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

七夕飾り

七夕飾り

23日 プララ杉田

6月23日~6月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク