金沢区・磯子区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

認知症「優しく接して」 ロバの会が理解促す

教育

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
レジで助け合う寸劇を行う
レジで助け合う寸劇を行う

 並木第一小学校(川村真弘校長)で10月31日、小学4年生に向けた認知症サポーター養成講座が行われた。講師を務めたのは、認知症への理解を促す市民グループ「ロバの会」。認知症の人やその家族を支え、住みよい街をつくるためのサポーターを育てる講師役となる「キャラバン・メイト」で構成されている。

 この日は、メンバー全員の10人が参加。認知症が脳の病気であることや、全国に予備軍を含めて約800万人の患者がいることなどを説明した。日付や足し算、料理など簡単なことが分からなくなるという言葉に、児童は真剣に耳を傾けていた。また、後出しで勝つジャンケンゲームなどを交え「瞬時に判断ができなくなる状態」の理解を求めた。

 最後は、認知症の買い物客がスーパーのレジで会計をする寸劇を披露。後ろに並ぶ他の客が怒ったり、急かしたりして認知症患者を慌てさせる悪い例と、会計を手伝ったり、優しく声をかけたりする良い例を演じてみせた。「驚かせない、急がせない、ダメと言わないの『3つのない』が大切。認知症の人は本人が一番不安なので、にこやかに優しく接してほしい」と呼びかけた。

 ロバの会は2014年4月に発足。並木や富岡地区の小中学校や、区内の企業などで講座を行っている。副代表の福崎幸則さんは「小学校で1度聞き、中学校で再度聞いてもらえば理解が深まる。種をまいて育ってもらいたい」と話した。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

確定申告会場 3密課題に

確定申告会場 3密課題に 社会

税務署、オンラインを推奨

1月14日号

男性不妊 動画で学ぶ

男性不妊 動画で学ぶ 社会

市、サイトで配信

1月14日号

防災スイーツ 市に寄贈

ガトー・ド・ボワイヤージュ

防災スイーツ 市に寄贈 経済

アレルギー対応を新開発

1月14日号

村野藤吾の意匠 随所に

旧市庁舎

村野藤吾の意匠 随所に 社会

60年の役目終え見学会

1月14日号

太田市議が出馬意向

横浜市長選

太田市議が出馬意向 政治

IR誘致に反対

1月14日号

コロナ禍 支援と経済復興を

年頭所感

コロナ禍 支援と経済復興を 経済

横浜商工会議所会頭 上野 孝

1月14日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク