金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月6日号 エリアトップへ

磯子港南リトルシニア 25年ぶり関東大会出場へ 54チームの予選で準優勝

スポーツ

掲載号:2017年4月6日号

  • LINE
  • hatena
磯子港南シニアのナイン
磯子港南シニアのナイン

 磯子区を中心に活動する中学硬式野球「磯子港南リトルシニア」(内田治郎会長)が2月から3月に行われた「2017大東建託カップリトルシニア関東連盟春季大会南関東支部大会」で準優勝を果たした。4月9日(日)開幕の関東大会に25年ぶりに出場する。

長年の目標を達成

 神奈川、静岡県の54チームが出場した南関東支部大会で、磯子港南は決勝までの5試合を接戦で勝ち抜いた。準決勝では強豪の中本牧シニア=中区=に4対3で勝利。投手を中心とした守備と少ない好機を得点に結びつける「つなぎの野球」で結果を出した。

 南関東支部は、中本牧を含め全国優勝経験をもつチームがひしめく強豪ブロック。磯子港南はこれまで強豪チームに上位進出を阻まれ続けてきたが、25年ぶりに関東への出場を決め、長年のチームの目標を達成した。

冬トレで力つける

 創部44年目の伝統を誇る磯子港南は、磯子区新中原町のグラウンドで土、日、祝日に活動。磯子区や金沢区、港南区を中心に、横浜市内の中学生38人が所属している。一方で、周辺には強豪シニアが多いこともあり、部員集めに苦労している。今年度の新中学1年生の入団希望者は4人と現状は厳しい。

 ただ、今年のチームはエース兼4番で主将を務める柳舘憲吾選手や副主将でトップバッターの藤井涼選手など力のある選手を中心にまとまりをみせる。冬のトレーニングでは、例年以上の練習量をこなし、竹バットを使った練習でスイングスピードを強化。200m走を一日30本以上走り徹底的に下半身を鍛えた。「強豪チームに勝つこと」を目標に厳しい練習に耐え、春の好結果に結びつけた。

 新村栄作監督は「今年のチームは気持ちが強い選手が多い。厳しい練習にもついてきてくれた」とチームを評価する。また、関東大会にむけては「まだ、本当の意味での自力はついていないと思う。支部大会でみせたつなぎの野球で上位進出を目指したい」と話す。

 柳舘主将は「厳しい練習に耐えられたことで、モチベーションを高くして支部大会に臨めた。関東大会では目先の試合に集中して、勝ち進みたい」と抱負を語った。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「封筒すり替え型」被害急増

キャッシュカード振り込め詐欺

「封筒すり替え型」被害急増 社会

警察署「新手口に注意して」

11月14日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月14日号

いじめ認知件数、過去最多

公立 小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月7日号

過去6年で最も早い流行

インフルエンザ

過去6年で最も早い流行 社会

金沢区の患者数は市内1位

11月7日号

パラ馬術代表選考会でV

富岡東在住稲葉選手

パラ馬術代表選考会でV スポーツ

出場権獲得が濃厚に

10月31日号

阿弥陀如来、市文化財へ

磯子区真照寺

阿弥陀如来、市文化財へ 文化

「貴重な歴史的資料」

10月31日号

高まる重要性 活用に本腰

ハザードマップ

高まる重要性 活用に本腰 社会

市、「規模超え溢水ある」

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク