金沢区・磯子区版 掲載号:2017年5月11日号 エリアトップへ

横浜市ひきこもり対策 区役所に若者支援窓口 月2回 相談受付

社会

掲載号:2017年5月11日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は5月中旬から、ひきこもり等の困難を抱える若者の専門相談を各区役所で開始する。市の推計では、対象者は8000人超。既存の機関に加え、新たに年間約1300人相談可能な受け皿を増やすことで、より手厚い支援につなげたい考えだ。

 ひきこもりとは、6カ月以上に渡って社会参加を回避し、概ね家庭に留まっている状態を指す。

 市こども青少年局によると、横浜市には家庭や学校での人間関係、就職活動のつまずきなど、社会的、心理的な要因で不登校やひきこもり状態になってしまう若者(15〜39歳)が8000人以上いると推計されるという。市はこうした現状を課題と捉え対策を検討してきた。

 市はこれまでにも、段階的な支援体制を整えた機関で、ひきこもり解消に向けたサポートを実施してきた。初期段階から総合的な支援に関しては「青少年相談センター」(南区)で対応するほか、回復期にある青少年の居場所運営等の機能を持つ「地域ユースプラザ」を4カ所設置。「若者サポートステーション」(横浜駅西口ほか)では社会復帰に向けた就労を支援している。

 地域ユースプラザの一つ、よこはま南部ユースプラザ(磯子区西町)では、相談業務のほか、面談、社会復帰に向けた講座を開催している。同プラザの担当者によると年間約1000件の相談が寄せられるというが、「まだまだ施設の周知が行き届いていないと感じている。今回区役所に相談窓口が設置されることで、支援を必要としている人の掘り起しにもつながるのではないか」と新たな窓口設置に期待する。

関係施設と連携強化

 専門相談は、5月16日から順次、市内18区の区役所で月2回実施される。相談にあたるのは社会福祉士らで1回約50分。相談は無料で予約が必要。市内在住で15歳〜39歳の若者とその家族が対象となる。

 担当窓口となる金沢区こども家庭支援課の担当者は「すでに予約が入っており、ニーズがあると感じている。気軽に相談してもらうことで、区役所内を含めた専門機関や関係施設につなげていきたい」とし、南部ユースプラザの担当者も「区役所と連携を強化することで、相乗効果が生まれ、これまで以上のきめ細やかな支援につなげることができる」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

安否確認バンダナ全戸配布

磯子区

安否確認バンダナ全戸配布 社会

災害時「無事です」周知に

11月26日号

横浜紅谷と和菓子開発

能見台小5年1組

横浜紅谷と和菓子開発 社会

完成に向け、試食会

11月19日号

ゾウの飼育環境改善が評価

金沢動物園

ゾウの飼育環境改善が評価 文化

「エンリッチメント」敢闘賞に

11月19日号

廃棄海藻で循環型経済を

廃棄海藻で循環型経済を 社会

研究会でたい肥化など検討

11月12日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク