金沢区・磯子区版 掲載号:2017年5月11日号 エリアトップへ

自動運転バス 金沢動物園で走行実験 公道での実用化目指す

社会

掲載号:2017年5月11日号

  • LINE
  • hatena
園内を走行したロボットシャトル
園内を走行したロボットシャトル

 金沢動物園(金沢区釜利谷東)でこのほど、株式会社ディー・エヌ・エーと横浜市は自動運転バスの一般向け試乗会を行った。2020年の東京五輪を見据え、公道での実用化を目指したい考えだ。

 自動運転自動車「ロボットシャトル」は、電気で走る無人運転バス。運転席のない車内には最大12人(6人着席)が乗車可能で、GPSやレーザーセンサーで位置や障害物を確認しながら走行する。最大時速は40Kmほどだが、試乗会では180mのコースを約5分かけて往復した。参加者からは「低速なので動物を見ながら楽しめた」「安定しているし音も静か」などの感想が寄せられたという。

 ディー・エヌ・エーは、保有の技術を活用した社会課題解決に向けた協定を4月、横浜市と締結。高低差が課題でもあった同園で、高齢者や子どもの交通課題解決の実証実験として実施された。原久美子園長は「乗り物があると良いなと常々考えていた。安心安全な乗り物として実用化されることに期待したい」と話す。

 過疎地域や傾斜の多い地域の課題解決や、駅までの少しの距離を便利にする移動手段、ドライバー不足の解決手段などとして期待される自動運転バス。同社はプライベートエリアでは19年、公道では東京五輪の20年をめどにサービスを開始していきたい方針だ。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

横浜紅谷と和菓子開発

能見台小5年1組

横浜紅谷と和菓子開発 社会

完成に向け、試食会

11月19日号

ゾウの飼育環境改善が評価

金沢動物園

ゾウの飼育環境改善が評価 文化

「エンリッチメント」敢闘賞に

11月19日号

廃棄海藻で循環型経済を

廃棄海藻で循環型経済を 社会

研究会でたい肥化など検討

11月12日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

10年のノウハウ、本に

さくら茶屋にししば

10年のノウハウ、本に 社会

ネットで支援金呼びかけ

11月5日号

「Go To」で活気戻るか

市内商店街

「Go To」で活気戻るか 経済

効果の一過性に懸念も

11月5日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク