金沢区・磯子区版 掲載号:2017年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

自動運転バス 金沢動物園で走行実験 公道での実用化目指す

社会

園内を走行したロボットシャトル
園内を走行したロボットシャトル

 金沢動物園(金沢区釜利谷東)でこのほど、株式会社ディー・エヌ・エーと横浜市は自動運転バスの一般向け試乗会を行った。2020年の東京五輪を見据え、公道での実用化を目指したい考えだ。

 自動運転自動車「ロボットシャトル」は、電気で走る無人運転バス。運転席のない車内には最大12人(6人着席)が乗車可能で、GPSやレーザーセンサーで位置や障害物を確認しながら走行する。最大時速は40Kmほどだが、試乗会では180mのコースを約5分かけて往復した。参加者からは「低速なので動物を見ながら楽しめた」「安定しているし音も静か」などの感想が寄せられたという。

 ディー・エヌ・エーは、保有の技術を活用した社会課題解決に向けた協定を4月、横浜市と締結。高低差が課題でもあった同園で、高齢者や子どもの交通課題解決の実証実験として実施された。原久美子園長は「乗り物があると良いなと常々考えていた。安心安全な乗り物として実用化されることに期待したい」と話す。

 過疎地域や傾斜の多い地域の課題解決や、駅までの少しの距離を便利にする移動手段、ドライバー不足の解決手段などとして期待される自動運転バス。同社はプライベートエリアでは19年、公道では東京五輪の20年をめどにサービスを開始していきたい方針だ。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

1月11日号

「LINKAI横浜金沢」に改称

臨海部産業団地

「LINKAI横浜金沢」に改称

1月11日号

「横浜らしさ」を重視

新市庁舎商業施設

「横浜らしさ」を重視

1月4日号

3536人が門出

金沢区・磯子区新成人

3536人が門出

1月4日号

国際競争力強化を加速

住民主体で介護予防

金沢区西柴さくらカフェ

住民主体で介護予防

1月1日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

がん医療への知識深める

がん医療への知識深める

市大主催 22日に講演会

1月22日~1月22日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    著・中野孝次 文藝春秋

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『ハラスのいた日々』〈増補版〉

    1月11日号

  • 角田武夫が描いた金澤八景

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

    角田武夫が描いた金澤八景

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    1月11日号

  • 赤い実にほくろが2つ

    金子さんの草花の不思議発見第7回 センリョウ

    赤い実にほくろが2つ

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    1月4日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク