金沢区・磯子区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

6月23日に杉田劇場でジャズライブを開催する 中野 雅子さん 磯子区洋光台在住 49歳

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena

地元で集大成ライブを

 ○…杉田劇場でライブを行うのは10年ぶり。ジャズの第一人者たちと結成した「Mako,s Party」の一員としてステージにあがる。「地元・洋光台の方々にもたくさんチケットを買って頂いた。長年支えてくれた人たちの前でできるのは幸せ」と話す。音楽家としての集大成と位置づけるライブではクラシック、ジャズ、オリジナル楽曲の3つを柱に、来場者が楽しめる構成にする。

 ○…洋光台出身。母親がピアノの先生だったこともあり「字よりも音符をおぼえるほうが先だった」と笑う。クラシック音楽の道に進み、音大を卒業後ピアニストとして活動するもすぐに転機が。ある店で1曲クラシックを弾いたが、雰囲気に合っていなかった。「あれって感じで。リクエストに応えられなくて」。この出来事から、即興性の強いジャズに興味を持ちスクールに。インスピレーションやその日の感情に近い音を弾くジャズに魅せられた。「わたしの性格に合っていたのかな」。ジャズを吸収することで音楽家としての幅を広げた。

 ○…洋光台で行われる音楽のつどいに参加するなど、地元への思いは強い。最近は「何日も行かないとウズウズする」という地元のジャズ喫茶を訪れるのが日課だ。レコードを聴きながらマスターと洋光台の歴史などを語る。「普段の何気ない会話やしぐさ、雰囲気などから音楽のピースを吸収している感じ」。人との出会いや話は作曲に通じている。何をしていても音楽のことを考える生活を送る。

 ○…5月28日から放送するNHK BSプレミアムドラマ「クロスロード」の音楽を担当した。映画やドラマが好きでいつかやってみたかった仕事。「こんな大きな仕事は初めて。電波に自分が書いた音やピアノの音が流れるのは本当に感慨深い」。杉田劇場でのライブでは、クロスロード特集として披露する予定だ。「ぜひ多くの方に聞いて楽しんでほしい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区滝頭在住 43歳

2月20日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

磯子区在勤 37歳

2月13日号

熊王(くまおう) 孝弘さん

知的障害を持ち、「働きたい!私のシンポジウム」で講演をした

熊王(くまおう) 孝弘さん

金沢区在勤 21歳

2月6日号

渡邊 永望(えいみ)さん

渡邊 永望(えいみ)さん

全国学生英語プレゼンテーションコンテストでインプレッシブ賞を受賞した

1月30日号

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク