金沢区・磯子区版 掲載号:2017年7月6日号 エリアトップへ

金沢文庫にオーケー出店 住民説明会で懸念の声も

社会

掲載号:2017年7月6日号

  • LINE
  • hatena
出店予定地
出店予定地

 オーケー株式会社(西区)は金沢文庫駅西口の旧アピタ駐車場跡地に新規出店を計画している。6月30日には金沢公会堂多目的室で周辺住民を対象とした説明会を開催。参加した地元住民からは交通渋滞や歩行者の安全を懸念する声も聞かれた。

 「(仮称)オーケー金沢文庫店」(釜利谷東2の2他)は金沢文庫駅西口にある約4729平方メートルの敷地に建設を予定している。地上3階と屋上階の鉄骨造で、1階が食料品や日用雑貨などの販売店舗(約1922平方メートル)、2階から上層階が駐車場の計画だ。車両の出入り口は、旧駐車場と同じように西側で、総収容台数は220台となっている。また店舗左側には利用者出入り口や221台分の駐輪場などを配置する。

 今回の説明会は、周辺住民への早期情報提供を目的として実施された。当日はオーケー担当者のほか、設計施工する村中建設株式会社と株式会社アイエンスから担当者が出席。今後のスケジュールや店舗概要、工事概要などが報告された。

 説明後の質疑応答では、交通の安全面に対する質問や要望が集中した。特に駐車場の出入り口の動線についてや、その出入り口に面する道路の歩道をなくすという計画が争点に。駅に近い立地で、周辺には金沢中学校や釜利谷東小学校も位置するため、歩道をなくす小道を日常的に使う歩行者や自転車は少なくない。「出入り口があるからこそ、危険を減らすため歩道は計画していない」とするオーケー側に対し、参加者は「歩道をなくしても通る人は通る。歩道を設置した上で警備員の配置や動線などの対策をお願いしたい」と訴えた。

 オーケーは今後、行政との大規模小売店舗立地法に基づく協議を重ね、届け出を提出する予定。届出後に、再度説明会を行うという。開店は来年の初夏頃を予定。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

護岸崩壊 被災400社か

金沢区幸浦・福浦

護岸崩壊 被災400社か 社会

台風15号で被害甚大

9月19日号

ブランチあす20日開業

横浜南部市場

ブランチあす20日開業 経済

エイビイなど15店舗

9月19日号

ミュージカルで若者支援

NPOヒューマンフェローシップ

ミュージカルで若者支援 教育

生きづらさ抱える人と創作

9月12日号

深夜の無人営業を実験

ローソン氷取沢町店

深夜の無人営業を実験 社会

人手不足対策、来年2月まで

9月12日号

自動運転を再開

シーサイドライン

自動運転を再開 社会

逆走事故から3カ月で

9月5日号

市立中3生、英語で2位

全国学力テスト

市立中3生、英語で2位 教育

学習意欲の高さ要因か

9月5日号

都市での農を推進

タウンレポート

都市での農を推進 文化

「南横浜FARM」東朝比奈で

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「はやぶさ2」の講演会

磯子公会堂自主事業

「はやぶさ2」の講演会

10月6日 映画上映会も

10月6日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク