金沢区・磯子区版 掲載号:2017年8月17日号
  • googleplus
  • LINE

夏場の食中毒に注意 金沢区食協が予防をPR

社会

会員らが予防を訴えた
会員らが予防を訴えた
 金沢区食品衛生協会と区福祉保健センターが主催する食中毒予防キャンペーンが8月2日、並木のビアレヨコハマイオン金沢シーサイド店1階で開かれた。

 同店を訪れる買い物客らを対象に食品衛生クイズや食に関するアンケートを実施。参加者には家庭用品などの賞品が配られた。

 同協会の田邊好光会長は「夏場は鶏肉にいるカンピロバクターが一番多い時期。(キャンペーンは)1年に1度の機会だが、一般の人々にも食中毒の知識を知ってほしい」と話す。

 カンピロバクター食中毒の予防方法は、食肉を十分に加熱予防(中心部を75℃以上で1分以上加熱)することが重要だという。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク