金沢区・磯子区版 掲載号:2017年10月19日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

島倉社長の きもの放浪記【2】 伝統の染織を絶やさないために 「売りたい」よりも「お伝えしたい」――そんな思いから金沢文庫のきもの処「志まくら」が、きものに関するよもやま話をシリーズでお伝えします

 今回は、着物業界の現状をお伝えいたします。

 現在、着物に使用される国産糸は3%以下。ほとんどをブラジルや中国などからの輸入に頼っています。特に日系移民が手がけるブラジルが均質に良い糸があるようです。私も驚きましたが、馴染みの生地屋さんから「国内でこんな良い糸あるかい」と言われ、納得しました。昨年から国産糸への国の補助金が無くなり、日本の製糸産業はさらに厳しくなるばかりです。

 一方、呉服店はどうか。かつては各店の裁量で、柄や染を注文していましたが、現在は在庫を抱えるリスクから、やらなくなってしまいました。そのため、反物を仕入れず問屋から借りる呉服店がほとんどです。しかも本来、品を揃えるべき問屋すらも産地から借りている現状です。借物ですと自然と扱いが雑になるのが人情。多くの店を”遠征”した反物は、変色などで生地が傷んでしまいます。

 着物業界は今、「売れないのに品不足」という悪循環に陥っています。製糸産業も益々弱るばかりです。志まくらの商品がすべて借物ではなく誂えた品なのは、こうした業界に一石を投じたいという思いから。いつまでも日本の技術が結集した着物を残せるよう、商いを通し伝えたいです。

志まくら

横浜市金沢区泥亀1の17の8

TEL:045-784-8179

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のピックアップ(PR)最新6件

伝統の着物を受け継ぐ

島倉社長の きもの放浪記【5】

伝統の着物を受け継ぐ

2月22日号

「安心」を具現化した複合施設

医療クリニック併設 シニア向け賃貸マンション

「安心」を具現化した複合施設

2月22日号

まるでホテルのような快適さ

寄り添い共に未来を考える

35年の実績

寄り添い共に未来を考える

2月22日号

好立地で自立した生活を支援

3月15・16・17日食事付き見学会 サービス付き高齢者向け住宅

好立地で自立した生活を支援

2月22日号

専門家に聞いてみる

相続・不動産・空き家

専門家に聞いてみる

2月22日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク