金沢区・磯子区版 掲載号:2018年2月8日号
  • LINE
  • はてぶ

磯子区民意識調査 「住み続けたい」「愛着」7割超 住環境の落ち着き 魅力に

社会

 磯子区はこのほど、「2017年度磯子区民意識調査」の結果を公表した。それによると、磯子区に愛着を感じている人、住み続けたいと答えた人が7割を超えていることが分かった。

 磯子区民意識調査は、区が2年ごとに実施している。区政や日常生活に関することについて質問。今回は、昨年6月に無作為抽出された区内在住の18歳以上の男女3500人を対象にし、1299人から回答を得た。

 主な調査結果として、「磯子区への愛着」に関する質問では「感じている」が36・5%で「やや感じている」36・2%と合わせ、72・7%が愛着を持っていることが分かった。定住意向の質問では「住み続ける」(32・9%)と「たぶん住み続ける」(38・4%)を合わせると71・3%になった。

 また、磯子区の魅力を聞く質問では、「住環境が落ち着いている」が51・4%で最も高く「生活に便利」(42・3%)、「自然豊か」(42・0%)が続いた。

課題は災害対策高齢者福祉

 一方、磯子区が取り組むべき課題では、「災害対策」(28・6%)が最も高く、「高齢者福祉」(28・2%)、「防犯対策」(24・6%)が上位に。この3つは、前回調査でも上位を占めた。

 生活環境に対する項目別の「不満」「やや不満」の割合では、「商店街の振興」がもっとも高く40・6%、「誰もが歩きやすい段差の解消、バリアフリー」が35・3%、「道路や歩道の整備」が30・1%だった。

 今回の調査を受け、区の担当者は「住みやすさの背景には、自治会町内会などの区民の方々の活発な活動があるのでは。災害対策では、地域の自助・共助の支援をこれからも地道に行っていきたい」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

根岸中全生徒が参加

地域防災拠点訓練

根岸中全生徒が参加

11月22日号

2歳児の受け入れ開始

市内私立幼稚園

2歳児の受け入れ開始

11月22日号

装着型歩ける椅子を開発

ニットー

装着型歩ける椅子を開発

11月15日号

「八景市場」で賑わい再び

風疹、感染止まらず

横浜市

風疹、感染止まらず

11月8日号

小型低速車を住民の足に

富岡西

小型低速車を住民の足に

11月8日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

好楽さんが出演

ふるさと寄席

好楽さんが出演

来年1月 杉田劇場

1月26日~1月26日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク