金沢区・磯子区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

釜利谷西5丁目 5.6%減で変動率ワースト 市内住宅地 公示地価で

経済

釜利谷西5丁目周辺
釜利谷西5丁目周辺
 国土交通省はこのほど、今年1月1日時点の公示地価を公表した。金沢区、磯子区内の住宅地変動率は微増だった。だが、地点で見ると「釜利谷西5丁目2270番47」は5・6%減。変動率が市内ワーストだった。

 公示地価は、今年1月1日地点で標準地1平方メートルあたりの正常な価格を示すもの。県内1787地点のうち、金沢区では住宅地32、商業地5、工業地2、磯子区は住宅地19、商業地7、現況林地1地点で調査された。

 横浜市の住宅地平均変動率は1・0%増で、全区で5年連続上昇。金沢区は0・2%、磯子区は0・1%上がった。

 地点で見ると金沢区では7地点で下落。「釜利谷西5丁目2270番47」は昨年に続き下落幅が市内で最も大きく5・6%減の11万8千円。「東朝比奈2丁目2840番95」も2・2%減り市内3番目の下落率だった。そのほかでは高舟台2丁目、六浦東2丁目、西柴4丁目などで下落した。磯子区は岡村、栗木、上中里町の4地点で下落した。

 一方、金沢区内では21地点で上昇、横ばいが9地点だった。上昇率が最も高かったのは「金沢町54番1」で3・6%。「能見台通231番115」が27万円で最も高い価格だった。磯子区では、7地点で上がり、8地点で横ばい。最も高かったのは「洋光台4丁目3番12」で23万5千円。上昇幅はそれぞれ0・5から1・0%で微増だった。

進む二極化

 今回の傾向について、金沢区と磯子区を担当した(一社)神奈川県不動産鑑定士協会の小林隆志さんは「横浜市内全体にも共通しているが、駅から徒歩圏内で利便性が高い地域は上昇している。一方で、高齢化が進んでいる地域、高台やバス圏など利便性に難のあるエリアは軒並み下落傾向になっている」と分析。この傾向は今後も続き、エリア内での二極化が進むとしている。

 釜利谷西5丁目の下落の要因の一つに建築協定をあげ、「元々広い敷地に家を建てた人が多く、住環境はすごく良い。ただ建築協定により、敷地を細分化できないため、若い人などが取引しづらいことが考えられるのでは」と説明した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

「雪の称名寺」で最優秀賞

柴町在住岡本さん

「雪の称名寺」で最優秀賞

4月19日号

教員の長時間労働是正へ

横浜市

教員の長時間労働是正へ

4月19日号

水中ホッケー日本代表に

金沢区富岡西新野さん

水中ホッケー日本代表に

4月12日号

「市政を大胆に前進」

50年推計で44%減

金沢区人口

50年推計で44%減

4月5日号

「地域包括ケア」取組周知へ

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 表がない裏の面ばかりの葉

    金子さんの草花の不思議発見第12回 シャガ

    表がない裏の面ばかりの葉

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    4月19日号

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    最終回スペシャル 文・協力/金沢図書館

    4月12日号

  • 金沢区 開発の歴史

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第24回

    金沢区 開発の歴史

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    4月12日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク