金沢区・磯子区版 掲載号:2018年5月17日号
  • LINE
  • はてぶ

磯子区 障害者施設の製品紹介 ガイド本『いそごでさがそ』完成

社会

冊子を持つ「集」の利用者とスタッフ
冊子を持つ「集」の利用者とスタッフ
 磯子区は区内の障害者施設の自主製品を紹介するガイドブック『いそごでさがそ』をこのほど作成した。4月27日から区役所や区内の地域ケアプラザ、地区センターで配布・配架している。

 障害がある人も積極的に社会と関わりあえる共生社会の実現を目指した取り組み。A5判・18頁で計2千部を発行した。

 飲食品や雑貨などの自主製品を販売する22施設を紹介。住所や電話番号、営業日などの基本情報のほか、区役所職員が撮影した製品の写真などを複数掲載。施設で考えた説明文で製品の特長などを分かりやすくまとめた。また、区全体と施設周辺に拡大したマップをデザイン。手にした人が足を運びやすいように工夫した。

 区の担当者は「ぜひこの『いそごでさがそ』から気になる製品を探し、実際に施設を訪れていただけたら」と期待する。

得意分野生かし作業

 馬場町にある社会福祉法人「訪問の家 集」は”磯子の逸品”に認定される食パンや菓子パン、ケーキなどを紹介。同所は約50人の利用者が製造・販売に携わり、体力に自信がある人は近くにある製品の販売所「パパン」への運搬を、人と関わることが好きな人は接客など、それぞれが得意分野で役割を担っている。また、製造部・宣伝部・販売部に分かれてグループ作業し、協調性を高める。

 同所スタッフの川端望美さんは「障害者施設というと敷居が高く感じてしまうかもしれないが、ガイドブックを見て気軽な気持ちで来てもらえると嬉しい。地域の方との関わりを楽しみにしている」と話す。

製品の写真が複数掲載される
製品の写真が複数掲載される

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

介護人材に留学生ら

横浜市

介護人材に留学生ら

10月18日号

菓子作りオヤジ、奮闘中

新制服候補に熱視線

横浜高校

新制服候補に熱視線

10月18日号

12人でつかんだ秋季関東

軟式高校野球横浜創学館

12人でつかんだ秋季関東

10月18日号

いきいきフェスタ&Aozora Factory

コグニサイズ体験を

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

15世紀の東国文化を知る

金沢文庫

15世紀の東国文化を知る

特別展「西湖憧憬」を開催中

9月22日~11月11日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク