金沢区・磯子区版 掲載号:2018年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

心は今も”ファイター” 金沢区在住・古澤さん夫妻

スポーツ

和敏さん(右)と順子さん
和敏さん(右)と順子さん
金沢区富岡東在住の古澤和敏さん(66)・順子さん(61)夫妻は市立横浜総合高校(南区)ボクシング部で生徒を指導している。

 和敏さんはボクシングのアマチュア元全日本王者。32歳で市の教員になり、市内の学校で勤務。2003年に同部を創部し、インターハイ出場選手を複数輩出。現在も部活動指導員として、グローブを付けて高校生と拳を交える。

 厳しい減量や相手に打ち勝つ精神力が必要な競技。試合で力を発揮できなかった選手が勝つことで自信を付け、人としても成長していく姿を見るのが嬉しくて仕方ないという。「身体が動くうちは続けたい」。心は今も”ファイター”のままだ。

 一方、順子さんは、スポーツが好きで、市の教員時代はテニスや水泳、陸上などの運動部を担当。同校に異動した12年、夫から顧問を引き継ぎ、17年3月まで務めた。定年後の現在も理科講師として週2回、教壇に立つ。

 順子さんは昨年、女性では全国で数人しかいない指導者資格を取得。8月の国体関東ブロック大会ではボクシング競技の「成年女子の部」監督として、県代表選手のセコンドに付く。「(夫婦だから)言いたいことを言い合っている」と笑う順子さん。「持っている力を出し切れるように」。リングで勇敢に戦う選手の精神面を支えたいという。

横浜市磯子区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

http://www.daviusliving.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • アスファルトも突き破る力

    金子さんの草花の不思議発見第16回 イタドリ

    アスファルトも突き破る力

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    7月12日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク