金沢区・磯子区版 掲載号:2018年10月11日号
  • LINE
  • はてぶ

関内・外地区 催事に民間力取り入れ 日本大通りの活性化を

経済

日本大通り
日本大通り
 横浜市は、日本大通り(中区)で開かれるイベントについて、来年4月以降は民間主体でも開催できるよう検討を進めている。2020年に控えた市庁舎移転で、関内・関外といった市中心部の空洞化が懸念される中、エリアのにぎわい創出につなげることが狙いだ。

 これまで日本大通りで開かれるイベントは、市などの公共団体の主催・共催・後援のものに限定されていた。だが19年4月以降は、民間主体のイベントが開催できるようになる見通し。市は、年内を目途にイベントの実施に係るガイドラインを作成し、事業者に広くPRする方針だ。

 こうした動きを推し進めるため、10月から毎週日曜日の午前9時から午後5時まで日本大通りの一部区間・約130mを歩行者天国とすることを決定。市担当者は「イベントの有無に関わらず、訪れる人を増やしたい」としている。

 市が対策を強化する理由の一つが20年に控えた市庁舎移転。約6千人が離れることになると、空洞化が懸念される。現庁舎跡地の利活用も含めて、地区全体の活性化対策は急務の状況となっている。関内駅近くの商店主は「街全体をもりあげる方向の取り組みなら歓迎。イベントの出店も魅力的で、協力できることはしたい」と話した。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

介護人材に留学生ら

横浜市

介護人材に留学生ら

10月18日号

菓子作りオヤジ、奮闘中

新制服候補に熱視線

横浜高校

新制服候補に熱視線

10月18日号

12人でつかんだ秋季関東

軟式高校野球横浜創学館

12人でつかんだ秋季関東

10月18日号

いきいきフェスタ&Aozora Factory

コグニサイズ体験を

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

3施設合同フェスタ

3施設合同フェスタ

21日 磯子センター、社協などで

10月20日~10月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク