神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
金沢区・磯子区版 公開:2018年11月15日 エリアトップへ

横市大先端研 デザインで医療課題を解決 プロジェクトが本格始動

社会

公開:2018年11月15日

  • LINE
  • hatena
マスクを掲げる武部教授(右)とYCU―CDCのスタッフ
マスクを掲げる武部教授(右)とYCU―CDCのスタッフ

 ウイルスをモチーフにしたデザインのマスク、袖口から動物の耳がのぞく白衣、健康状態を聞き出すトリ型ロボット――。あす16日(金)まで横浜市立大学附属病院(金沢区福浦)の3階エスカレーター横に、デザインやアートの視点を取り入れた医療に関するアイテムが展示されている。

 これは今年6月、同大学先端医科学研究センター内に設立された「コミュニケーション・デザイン・センター(YCU―CDC)」の初の展示企画。同センターが新たに立ち上げた「クリエイティブ・ホスピタル・プロジェクト」の第一弾で、デザインの力がさまざまな課題を解決する可能性を示唆している。例えばマスクは物理的に感染を防ぐだけでなく、ウイルスそのものをデザインすることで、流行するウイルスを広く伝えたり、周りの人の感染予防意識を高めたりすることを狙う。

医療から社会を変える

 YCU―CDCのセンター長の武部貴則教授は、2014年からヘルスケア分野に広告の視点や技術を取り入れた「広告医学」を提唱。広告代理店の電通やデザイン専門校の東京デザインプレックス研究所と連携し、つい上りたくなる「健康階段」や病院の待ち時間を前向きに過ごす「こころまちプロジェクト」を実施してきた。「センターという研究拠点ができ、仲間も増えたので、大きな視点でできるようになった」と広がりを喜ぶ。

 目標は「社会から医療を変えること」。病院に限らずこうした思想が広がり、社会全体が変わることを目指す。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

杉浦佑成選手らが磯子区長へシーズン終了を報告

バスケ 横浜ビー・コルセアーズ

杉浦佑成選手らが磯子区長へシーズン終了を報告

6月15日

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

横浜市教育委員会が「子どもアドベンチャーカレッジ」

6月15日

磯子区社会福祉協議会が地域の見守りへタクシー会社と連携

磯子区役所1階で18日まで環境パネル展

横浜市26万人の児童・生徒の学習データを収集・活用する学習ダッシュボードを運用開始

横浜南法人会と横浜信用金庫が協力体制を構築

横浜南法人会と横浜信用金庫が協力体制を構築

地域貢献へ向けて横浜南税務署交えて会合

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook