金沢区・磯子区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

富岡並木の公園愛護会 ふなだまりにウッドデッキ 市まち普請事業に認定

文化

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena
SUP体験会の様子
SUP体験会の様子

 富岡並木ふなだまりgionbune公園愛護会(赤澤寧(やすし)会長)が横浜市の「ヨコハマ市民まち普請事業」に提案していた「歴史と環境をテーマにした安心して楽しめる里海公園づくり」がこのほど認定され、500万円の助成を受けることが決まった。同愛護会は、公園内にウッドデッキを整備し交流拠点にする考えだ。

 まち普請事業は、市民が主体となり、地域の生活環境を整備する提案を選考し、最高500万円の整備助成金を交付するもの。1月26日の2次コンテストには1次を通過した5団体が進出。プレゼンテーションや質疑応答などを行い、投票によって同愛護会を含む3団体の提案が認定された。

 同愛護会が提案した里海公園づくりは、富岡東にある、ふなだまり公園の一角に人々が集えるウッドデッキを整備するというもの。さらに、地元の歴史を発信する掲示板を木調にすることで、周囲の景観と調和したやすらぎを伝える公園にするとしている。

 現在、横浜市内の公園施設は原則として木材を使用していない。コンクリート造とは対照的なウッドデッキを提案した点が評価された。

歴史・文化継承を

 同公園では、毎年7月に「富岡八幡宮祇園舟神事」が行われている。同愛護会は昨年、親水イベントとしてスタンドアップパドル(SUP)体験会を実施。祇園舟保存会の協力を仰ぎ、艪漕ぎ体験会を行うなどし、歴史や文化の伝承に力を入れている。これらの活動を通して、交流拠点の必要性を実感したことも今回の提案に至った点だ。

 ウッドデッキは、親水イベントの集合場所や歴史、生態系を学ぶ青空教室の開催、祇園舟神事の際のお囃子の舞台などに使用するとし、年内をめどに整備する考え。

 同愛護会は、2017年8月に結成。赤澤会長が個人でSUPを使い水面の清掃をしていたところ、ゴミ拾いの輪が広がりを見せたという。現在は約20人のメンバーが毎週土曜日の早朝に活動している。赤澤会長は「一人で活動している時は『何をしている人だろう』と思われていたと思う。ただ、皆さんに声をかけて頂き、輪ができ公園をきれいにしたいという人が集まった」と振り返る。また、「公園を一人でも多くの人に知ってもらえるようこれからも活動していきたい」と話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月26日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

ブランチあす20日開業

横浜南部市場

ブランチあす20日開業 経済

エイビイなど15店舗

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

堀割川を屋形船でめぐる

堀割川を屋形船でめぐる

11月10日 魅力づくり団体主催

11月10日~11月10日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク