金沢区・磯子区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

横浜市大齊藤ゼミ 空き家をDIYで再生 地域住民と交流の場に

社会

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena
DIYされた空き家とオーナーの佐野さん(中央)と学生
DIYされた空き家とオーナーの佐野さん(中央)と学生

 横浜市立大学齊藤広子ゼミの学生が金沢区瀬戸にある空き家を、リノベーションし、地域住民と交流できる空間に仕上げた。2月15日には「空き家”DIY”まちづくりプロジェクト」のオープニングイベントを開催。地域住民ら約50人が参加した。今後は週2回、空き家相談室として活用していく考えだ。

 舞台となったのは同大学から徒歩2分で、京急線金沢八景駅近くに位置する空き家だ。築40〜50年の木造平屋2Kで、広さは約14坪。賃貸物件として使われていたが、借主が引っ越したため、空き家になっていたという。

 「空き家を使いませんか」という打診があったのは7月。しかし使える費用は30万円で、DIYできる期間は2カ月という制約に、プロジェクトリーダーを務める武子雛代さん(3年)は「文系女子でも本当にできるかな?」と悩んだという。

 それでも「誰も挑戦したことがないことをしたい」とDIYを決意。建築家のアドバイスを受けながら12月から1月にかけて、使い慣れない丸鋸やチェーンソーを使い、床の張り替えや壁の塗装などに取り組んだ。当初、解体しようと考えていた押入れは、骨組みを残しディスプレイスペースに。また玄関とキッチンの床を撤去して土間にする予定だったが、床をはがすと基礎があったため、急きょ計画を変更するアクシデントもあった。「学生の”やりたい”という本気の気持ちが伝わってきて、応援したくなった」と物件オーナーの佐野玲子さん。地域の人と学生が顔見知りになれるような場所になればと願う。

学生の特技生かし

 2、3月は火曜と土曜の正午から午後4時までを開館。学生が交代で常駐し、空き家相談だけでなく地域交流をしていきたい考えだ。武子さんは、「携帯や英語など学生の特技を生かした相談やコミュニケーションができれば」と話した。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク