金沢区・磯子区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

横浜市大齊藤ゼミ 空き家をDIYで再生 地域住民と交流の場に

社会

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena
DIYされた空き家とオーナーの佐野さん(中央)と学生
DIYされた空き家とオーナーの佐野さん(中央)と学生

 横浜市立大学齊藤広子ゼミの学生が金沢区瀬戸にある空き家を、リノベーションし、地域住民と交流できる空間に仕上げた。2月15日には「空き家”DIY”まちづくりプロジェクト」のオープニングイベントを開催。地域住民ら約50人が参加した。今後は週2回、空き家相談室として活用していく考えだ。

 舞台となったのは同大学から徒歩2分で、京急線金沢八景駅近くに位置する空き家だ。築40〜50年の木造平屋2Kで、広さは約14坪。賃貸物件として使われていたが、借主が引っ越したため、空き家になっていたという。

 「空き家を使いませんか」という打診があったのは7月。しかし使える費用は30万円で、DIYできる期間は2カ月という制約に、プロジェクトリーダーを務める武子雛代さん(3年)は「文系女子でも本当にできるかな?」と悩んだという。

 それでも「誰も挑戦したことがないことをしたい」とDIYを決意。建築家のアドバイスを受けながら12月から1月にかけて、使い慣れない丸鋸やチェーンソーを使い、床の張り替えや壁の塗装などに取り組んだ。当初、解体しようと考えていた押入れは、骨組みを残しディスプレイスペースに。また玄関とキッチンの床を撤去して土間にする予定だったが、床をはがすと基礎があったため、急きょ計画を変更するアクシデントもあった。「学生の”やりたい”という本気の気持ちが伝わってきて、応援したくなった」と物件オーナーの佐野玲子さん。地域の人と学生が顔見知りになれるような場所になればと願う。

学生の特技生かし

 2、3月は火曜と土曜の正午から午後4時までを開館。学生が交代で常駐し、空き家相談だけでなく地域交流をしていきたい考えだ。武子さんは、「携帯や英語など学生の特技を生かした相談やコミュニケーションができれば」と話した。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

諸対策で受診率向上へ

市特定健診

諸対策で受診率向上へ 社会

無料化認知進み、問合せ増

6月27日号

多数負傷者想定し訓練

金沢消防署ら5機関

多数負傷者想定し訓練 社会

国際イベント控え連携確認

6月27日号

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月20日号

児童見守る「令和地蔵」建立

磯子区真照寺

児童見守る「令和地蔵」建立 文化

交通安全・治安向上を祈念

6月20日号

公会堂で初の朗読公演会

洲崎町在住橘さん

公会堂で初の朗読公演会 文化

多彩なジャンル 15組が出演

6月13日号

国交大臣賞を受賞

金沢八景まちづくり協議会

国交大臣賞を受賞 社会

駅周辺のまちづくりに貢献

6月13日号

模索10年で組織化

お助け隊なみき

模索10年で組織化 社会

日常の困りごとに対応

6月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月6日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

苅部さんが指導法語る

リオ五輪リレーコーチ

苅部さんが指導法語る

7月5日 横浜市大で

7月5日~7月5日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク