金沢区・磯子区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

全国の舞台で輝け【2】 出場するチーム、個人を紹介

スポーツ

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena
川端選手(左)と塙選手
川端選手(左)と塙選手

 7月下旬から8月にかけて各地で全国大会が開催される。このコーナーでは金沢区磯子区から全国の舞台に出場するチーム・選手を紹介する。

上位狙う2年生ペア

 横浜高校のバドミントン部から川端真人選手、塙友樹選手の2年生コンビがインターハイに出場する。「役割分担がしっかりしているところが強み」と話すのは、顧問の海老名優教諭だ。

 視野が広く、器用な川端選手が試合をコントロールし、アタック力がある塙選手の攻撃力を生かす組み立てが必勝パターン。インターハイ予選となった県大会で上位シード選手を破った勢いそのままに、初の全国でも上位を狙う。川端選手は「まずは初戦を突破したい」と意気込みを話す。一方、塙選手は「緊張せず、日々の練習の成果を発揮したい」と平常心を意識しながら、上級生に挑む覚悟だ。

決勝目指す技巧派

 金沢総合高校陸上競技部の鈴木美花選手(3年)は、インターハイに女子ハンマー投げで出場する。同競技の選手としては華奢だが、175cmの長身を活かした技巧派なプレイスタイルを持つ鈴木選手。「どれだけ一投目に集中できるかが大切」と話す。南関東大会ではトップバッターでありながら、今までになく集中して投げることができたという。「日頃から試合中に周りの投げを見ず、自分のことに集中していたのが良かった」と振り返る。

 現在の課題はターンの速度を上げること。「自己ベストは44m台だが、全国では50mは投げないと通用しない。全国は1年生のときからの目標。自分に甘えない、追い込みの練習で絶対に決勝まで残りたい」と意気込んだ。

来年へのステップ

 横浜高校陸上競技部の村越優汰選手(2年)は、競歩5000mに出場する。競歩を始めたのは高校入学後。顧問の田下正則教諭は「手足が長く、歩形がきれい。努力家でもある」と村越選手を評価する。村越選手は、同校卒業生でリオ五輪代表の松永大介選手らの動画を見てフォームを研究している。

 松永選手も指導した田下教諭は「当時の松永がこなした練習ができている。全国入賞レベルの力はもっている」と話す。目標は来年の日本一。ただ、2年生で出場する今回で上位に入ることが、来年へのステップにつながると考えている。

 根岸中学校(磯子区)から陸上強豪校の門をたたいた2年生は、競歩強豪校の歴史をつなぐ。開催地・沖縄で「きれいに、正確に、速く」歩き表彰台を目指す。

鈴木選手
鈴木選手
村越選手
村越選手

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 経済

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

5月 のの花だより

【Web限定記事】

5月 のの花だより 文化

金沢動物園 コラム

5月28日号

オオツノヒツジの赤ちゃんに愛称を

【Web限定記事】金沢動物園

オオツノヒツジの赤ちゃんに愛称を 文化

5月31日まで ツイッターで募集

5月28日号

赤ちゃんに愛称を

オオツノヒツジ

赤ちゃんに愛称を 社会

金沢動物園 ツイッターで

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

獣医師らフェイスシールド寄贈

【Web限定記事】

獣医師らフェイスシールド寄贈 社会

3000枚を県健康医療局に

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月2日18:51更新

  • 6月1日18:25更新

  • 5月25日17:30更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月2日号

お問い合わせ

外部リンク