金沢区・磯子区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

2校の「富岡中」が交流 地名縁に金沢区から福島へ

教育

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
能見台連合町内会への報告会
能見台連合町内会への報告会

 横浜市立富岡中学校(山我智康校長)の生徒会役員8人が9月20日、21日に初めて福島県富岡町立富岡第一中学校を訪れた。両校は同じ「富岡」の地にあることを縁に交流をしている。

 2校の交流が始まったのは2年前から。昨年11月には富岡第一中の生徒6人が富岡中を訪れた。かつて富岡町は国道6号線沿いに商業施設が立ち並び、賑わいを見せていた地方都市。震災後は福島第一原発から20キロ圏内にあることから全域が帰還困難地域に指定された。現在、主要施設は復興し、富岡駅まで電車も通る。富岡第一中は2018年に周辺小中学校と合同し再開。だが震災前は周辺中学と合わせて約600人いた生徒は10人に減少している。

 金沢区から訪れた8人の生徒らは富岡第一中の生徒10人と同校の見学や震災被害を受けた地域等を、バス車内から帰還困難地域内も見学した。また一緒に授業を受けたり、地元伝統の小浜童太鼓の体験をしたり、富岡漁港の砂浜やJヴィレッジを訪れるなどして交流を深めた。震災当時は幼稚園生だったという三枝涼花さん(2年)は「今まで授業でしか知らなかった福島の現状を直接知ることができた。周りの人にも伝えていきたい」と感想を述べた。山我校長は、共通した「富岡」の地からふるさとの魅力を学ぶことを目的に両校の交流を主導している。「同じ地名をふるさとに持つことを縁に、東日本大震災を風化させず一緒に考えていってもらえれば」と話す。

 今回の訪問は富岡第三地区連合町内会と能見台連合町内会の支援を受け、実現。生徒たちは28日に富岡と能見台の地域ケアプラザでそれぞれ行われた各連合町内会の定例会で、当日の様子を自作のパワーポイント資料で発表した。

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

10月11日~14日まで「まぐろの日」にちなんだ限定商品を大放出!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「マカナ」が洋光台に開所

親と子のつどいの広場

「マカナ」が洋光台に開所 教育

育児サークルから発展

2月13日号

釜利谷で移動販売開始

セブンイレブン

釜利谷で移動販売開始 社会

買い物困難者を支援 

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 経済

IR推進に4億円

2月6日号

「交通安全マップ」全国入賞

汐見台小6年有志児童

「交通安全マップ」全国入賞 教育

立体的な制作が評価

2月6日号

窓アートで記憶を共有

磯子高校

窓アートで記憶を共有 教育

統合控え、美大生が制作

1月30日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

1月30日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

金沢シンフォニカの演奏会

金沢シンフォニカの演奏会

2月23日、金沢公会堂で

2月23日~2月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク