金沢区・磯子区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

関東学院大長橋さん 建築新人戦で最優秀賞 変幻自在な住まいを提案

教育

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
作品の横でトロフィーを持つ長橋さん
作品の横でトロフィーを持つ長橋さん

 学生を対象とした建築コンテスト「建築新人戦2019」に関東学院大学建築・環境学部3年生の長橋佳穂(21)さんが挑んだ。全国から552作品の応募があり、長橋さんの作品は最優秀賞を受賞した。

 長橋さんは昨年も同コンテストに挑んだが1次審査通過も叶わなかった。リベンジとなる今年は、上位8人がパネル等を使い審査員にプレゼンテーションを行う最終公開審査まで辿りつき、最優秀賞を手にした。長橋さんは「大学内で評価を受けることはあったが、学外で通用するか不安だった。自分の設計や考えが高く評価されることができ、自信がついた」と受賞の喜びを話す。これから、長橋さんは11月1日から3日までアジア15か国から32人が集まる「アジア建築新人戦」に挑む。

 今回の作品「こころのすみか」は建築・環境学部の粕谷淳司准教授(47)の「あり続ける住宅」を課題に制作された。粕谷准教授は海外の住宅と比べ、寿命が短いとされる日本の住宅をどう持続可能な住宅にするか、中区黄金町に場所を設定した上で学生らに問いかけた。長橋さんは実際に黄金町を訪れて「人の気配があまりなく殺風景」と感じた。これに日頃から感じる「現代社会は効率化や生産性ばかり求められて人間味がない」との思いを加え、今回の作品に取り組んだ。

 躯体と呼ばれる建築物の核となる部分はコンクリートに設定し、それ以外の箇所はその人の生活形式に合わせて自在に増減築できるようにした。「現代社会で排除されがちな自分の人間らしさをさらけ出せ、かつ住む人それぞれに合った家にできるようにした」と話す。

 粕谷准教授は「建築を一生懸命に考えているのが長橋さんらしさ。それがブレずによく出ている。審査員にも伝わったのではないか」と評価する。

 長橋さんは今回いかに自分の心に素直になるかを意識しながら制作したという。「憧れるのはためらわずに自分を表現できる人。自分もそうなれたら」と話す。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

いじめ認知件数、過去最多

公立 小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月7日号

過去6年で最も早い流行

インフルエンザ

過去6年で最も早い流行 社会

金沢区の患者数は市内1位

11月7日号

パラ馬術代表選考会でV

富岡東在住稲葉選手

パラ馬術代表選考会でV スポーツ

出場権獲得が濃厚に

10月31日号

阿弥陀如来、市文化財へ

磯子区真照寺

阿弥陀如来、市文化財へ 文化

「貴重な歴史的資料」

10月31日号

金沢区に初コース

RUN伴+三浦半島

金沢区に初コース 社会

学生が呼びかけ実現

10月24日号

高まる重要性 活用に本腰

ハザードマップ

高まる重要性 活用に本腰 社会

市、「規模超え溢水ある」

10月24日号

葬儀相談・見学会開催

意外と知らない葬儀のあれこれ、京急メモリアルに相談してみませんか

https://www.keikyu-memorial.com/hall/kanazawabunko/index.html

宅建市民セミナー杉良太郎講演会

11月14日関内ホール 参加費無料 事前申込制1000人

https://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/index.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク