金沢区・磯子区版 掲載号:2020年1月9日号 エリアトップへ

関東学院六浦小 児童2人が受賞

教育

掲載号:2020年1月9日号

  • LINE
  • hatena

いのちの授業 作文

 第7回いのちの授業の表彰式が昨年11月30日に開かれ、関東学院六浦小学校5年の早田美凰さんが神奈川県PTA協議会会長賞を受賞した。主催の県教育委員会は、子どもたちが学校や家庭、地域で「命」について感じたことや考えたことを書いた作文を募集。県内の小中高、特別支援学校の児童生徒から8237編の応募があった。

 早田さんは4年生の時、いのちの授業で赤ちゃんへの沐浴を体験。作文にはその時の感想や、家に帰ってから母親と自身が生まれた時の話をしたことなどを書いた。早田さんは「お母さんが大変な思いをして自分を産んでくれたことがよくわかった。家族の気持ちを知ることができて良かった」と話した。養護教諭の林知世さんは、「作文は10歳の節目として、書いてもらったもの。自分の命の大切さを知ってもらえ、嬉しく思う」と話した。

木原記念こども科学賞

 木原記念こども科学賞の表彰式が昨年12月2日に開催され、関東学院六浦小学校の高橋颯汰郎さん(3年)が低学年の部で神奈川新聞社賞を受賞した。同賞は、身近な自然に親しみ自ら疑問や課題を解決していくための観察、調査、実験などを奨励することで、将来の科学者としての芽をはぐくむことを目的とする。

 小さい時から昆虫に興味があったという高橋さん。今回は特に好きだというセミの幼虫が、土の中から出てきて羽化するまでを観察した。観察場所は能見台中央公園。決まった時間に行き、抜け殻や幼虫を探した。「クマゼミと他との違いや幼虫が出てくる気温、羽化と明るさの関係を調べてみたかった」と話す。

 「これからはまだ調べたことのないエゾゼミとか、セミの成虫とかも観察してみたい」とその好奇心は尽きない様子。「昆虫研究者」への道をひたむきに進む。

「お母さんの大変さが分かった」と早田さん
「お母さんの大変さが分かった」と早田さん
「めっちゃ嬉しい」と高橋さん
「めっちゃ嬉しい」と高橋さん

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

要援護者名簿を提供

岡村地区連合町内会

要援護者名簿を提供 社会

磯子区役所協定結ぶ

1月16日号

バディーSC 日本一に

U-12サッカー

バディーSC 日本一に スポーツ

磯子区在住 白井くんが躍動

1月16日号

オリ・パラ 準備は万端

黒岩知事インタビュー

オリ・パラ 準備は万端 社会

1月16日号

まちづくり語り合う

富岡・能見台

まちづくり語り合う 社会

ワークショップ参加者募集

1月16日号

経験者がひきこもり語る

経験者がひきこもり語る 社会

1月22日、金沢公会堂で

1月16日号

「100年時代」語るシンポ

「100年時代」語るシンポ 社会

黒岩知事の基調講演も

1月16日号

イベント利用が可能に

並木ラボ

イベント利用が可能に 社会

1月24・26・27日に説明会

1月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク