金沢区・磯子区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

市内在住 藤縄忠さん 「今度は下から」5つの輪を ブルーインパルス元操縦士

社会

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
「後輩には頑張ってほしい」と語る藤縄さん
「後輩には頑張ってほしい」と語る藤縄さん

 1964(昭和39)年の東京五輪開会式で上空に5つの輪を描いた航空自衛隊の曲技飛行隊・ブルーインパルス。栄区庄戸在住の藤縄忠さん(82)はその操縦士の一人だった。当時メンバー最年少の27歳で5番機のF86に乗り、直径約2Kmの巨大な赤い輪を描いた。

 2020年東京五輪・パラリンピックでも再びブルーインパルスが空に輪を描くとあって話題を呼んでいる。今回は開会式ではなく、3月20日(祝)に松島基地(宮城県)で行われる聖火到着式に飛行する予定だ。藤縄さんは「遠いから難しいかもしれないけど、今度は下から見てみたいもんだね」と思いを明かす。現役の後輩操縦士たちに向けてエールを送る。

 「しっかり良い輪っかを描いてくれ。…だけど、難しいぞ」

本番に「最高の出来」

 当時5つの輪をスモークで描くのは想像以上に難しく、約1年半にわたり任務の合間に練習を続けたが、一度も会心の出来には至らなかった。さらに本番は「午後3時10分20秒」とタイミングを細かく指定され、世界中にテレビ中継されるという重圧ものしかかった。

 開会式前日は大雨に見舞われた東京だったが、夜が明けると目の覚めるような青い空が広がり、「みんなでそれを見て、こりゃあやらなきゃいけないなと、気合いが一致したと思う」。待機していた江ノ島上空から目的地上空に到達するまでは5分ほど。開会式の入場行進が予定より遅れるといったアクシデントもあったが、5機が描いたのはこれまでになく美しい輪だった。タイミングも申し分なかった。

 藤縄さんは直後に「うまくいったぞ」との知らせを受け、上昇してその目でも実際に五輪を確認した。「誰にも聞こえない酸素マスクの中で思わず、『やった!よく描けたぞ!』と叫んだのを覚えています。みんなで一つのことをやって分かち合えたのが嬉しかった」

 成功を支えたのは抜群のチームワークだった。現在では5人のうちすでに3人が亡くなってしまったが、「本当に仲が良くて、ケンカなんてしたことがなかったんだ」と懐かしむ。

今も空に思いを

 30代で退官した藤縄さんはその後、定年まで民間航空機の国際線操縦士を務めた。「当時ソ連の空は飛べなくて、北極を回ることも多かった。真夜中だとオーロラがひらひらと視界に広がってたよ」。そんな数々の絶景を目の当たりにしたという。「できることなら、また乗りたいものだよ」と空に思いを馳せた。

右・当時のブルーインパルスのメンバー。左から4人目が藤縄さん(藤縄さん提供)左・東京五輪の開会式を上空から撮影した様子
右・当時のブルーインパルスのメンバー。左から4人目が藤縄さん(藤縄さん提供)左・東京五輪の開会式を上空から撮影した様子

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

海上と陸上で清掃活動

海上と陸上で清掃活動 社会

平潟湾で181人が参加

11月26日号

コロナ時代、どう生きる

コロナ時代、どう生きる 文化

講演会の参加者募集

11月26日号

進化し続ける洋光台

祝 50周年

進化し続ける洋光台 社会

半世紀の歴史 記念式典は来年開催

11月26日号

新たな商店会設立

新たな商店会設立 経済

飲食店4店舗で

11月26日号

28日に「ふろしき市」

フリーマーケット

28日に「ふろしき市」 文化

レトロ、ビンテージ品など

11月26日号

洋光台で「ニギヤカ」な1日

洋光台で「ニギヤカ」な1日 文化

28日 中央団地でイベント

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク