金沢区・磯子区版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

富岡並木ふなだまり公園 ウッドデッキを交流拠点に まち普請事業 愛護会が管理

社会

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena
完成したウッドデッキと愛護会会員。中央が高島会長代行
完成したウッドデッキと愛護会会員。中央が高島会長代行

 「ヨコハマ市民まち普請事業」で、金沢区並木のふなだまり公園にウッドデッキが整備された。富岡並木ふなだまりgionbune公園愛護会(高島哲会長代行)が管理する。2月23日にはオープニングイベントが開かれた。

 同愛護会は、ごみ拾いの輪が広がり、2017年に組織された。街の中に海がある環境を多くの人に知ってもらおうと、18年度にまち普請事業に提案。ふなだまり公園に人々が集うウッドデッキを整備し、交流拠点にする計画が認定されていた。助成金額は500万円。

一時は中止を検討

 だが、計画を進めていた昨年9月、活動の中心的存在だった赤澤寧前会長が急逝。高島会長代行によると、一時は事業の中止が検討されたというが、「(赤澤前会長の)まちづくりへの遺志を継ぎ、何とかウッドデッキを」と愛護会メンバー13人が事業を進め整備までこぎつけた。

 同愛護会では、毎年7月に行われる「富岡八幡宮祇園舟神事」と連携した活動を検討している。サマーフェスタでは車いすでの花火の観覧スペースとして活用してもらいたい考え。さらに、周辺大学と連携した連続講座を開設し、歴史・文化を継承する拠点にしていく計画だ。

 ウッドデッキは約54平方メートル。日中、フリースペースとして開放する。ルールを設けた上で営利を伴わないイベントや講座の利用も想定する。管理は同愛護会が行う。

 「風を感じ、水辺が近くにあるこのすばらしい環境を、ウッドデッキを通して実感してもらえたらうれしい。子どもたちにも利用してもらいたい」と高島会長代行は話した。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

安否確認バンダナ全戸配布

磯子区

安否確認バンダナ全戸配布 社会

災害時「無事です」周知に

11月26日号

横浜紅谷と和菓子開発

能見台小5年1組

横浜紅谷と和菓子開発 社会

完成に向け、試食会

11月19日号

ゾウの飼育環境改善が評価

金沢動物園

ゾウの飼育環境改善が評価 文化

「エンリッチメント」敢闘賞に

11月19日号

廃棄海藻で循環型経済を

廃棄海藻で循環型経済を 社会

研究会でたい肥化など検討

11月12日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク