金沢区・磯子区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

AozoraFactory ものづくり体験を自宅で 休校中児童にキット発送

文化

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
本多代表(右)とヨコハマ機工の梅宮さや香さん
本多代表(右)とヨコハマ機工の梅宮さや香さん

 臨時休校中のため学校に通えない児童らに自宅でものづくり体験をしてもらおうと、金沢区を中心に活動するNPO法人AozoraFactory(本多竜太代表)は、ものづくりキットを無料で発送している。「自宅で過ごす時間が多くなるこういう状況でも楽しんでほしい」と本多代表は話す。

「もどかしさあった」

 2016年から親子向け体験型ワークショップを開催してきた同団体。しかし、昨年は台風19号の影響で、例年10月に開催する「AozoraFactory」が中止となった。さらに、今年4月にオープン予定だった三井アウトレットパーク横浜ベイサイドとの連携イベントも新型コロナ禍により延期に。本多代表は「イベントが開催できずもどかしさがあった」と話す。新型コロナ禍で、人と人が会うことが難しい状況の中、会わなくても体験できるワークショップができないかと思案。過去のワークショップで使用していたキットを希望する家庭に郵送することを考えた。

 第1弾は、工業用ファスナーの専門商社・ヨコハマ機工が協力。4月21日から釘や毛糸を使い、文字や模様を作るキットを先着20人に発送した。YouTubeで制作方法などを配信し、動画を見ながら子どもたち自身で作れるように。さらに、完成品をEメールで送付してもらい同団体のSNSにアップし交流を図った。参加者の中には、千葉県や兵庫県からの応募があった。今後は、近日中に第2弾として竹内紙器製作所提供によるポストカード作りを計画。第3弾以降も継続していく考えだ。

 「新型コロナ禍が終息し、オンラインでの交流が多くなることが予想される中、新たなチャレンジとして一つ形にすることができたのでは」と本多代表。

 第2弾の詳細は同団体ホームページ(【URL】https://aozorafactory.com/)へ。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

金沢・磯子で被害増加

特殊詐欺

金沢・磯子で被害増加 社会

還付金、オレオレが多数

5月19日号

バリアフリー化へ基本構想

磯子区

バリアフリー化へ基本構想 社会

根岸・磯子・屏風浦駅を追加

5月12日号

超高齢者の受療行動を調査

横浜市立大学

超高齢者の受療行動を調査 社会

市内75歳以上と比較

5月12日号

みどりの愛護で大臣表彰

釜利谷赤坂公園愛護会

みどりの愛護で大臣表彰 コミュニティ社会

安全安心な公園目指す

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook