金沢区・磯子区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

(PR)

「屋根葺材の構造計算を確認して」 構造設計一級建築士・矢野武さんに聞く

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
耐風基準について説明する矢野さん
耐風基準について説明する矢野さん

 建築物の安全基準と聞くと、真っ先に思い浮かぶのは「耐震基準」ではないだろうか。「建築基準法では、地震(耐震)のほかに風(耐風)についても安全基準を設けています」。こう話すのは、矢野建築設計事務所・矢野武構造設計一級建築士。これから迎える台風シーズンを前に、耐風基準などについて話を聞いた。

面の大きさで決まる

 地震により建物に加わる力は重量により決まるため、重たい建物ほど支える力が多く必要になる。一方、風に対しては、面の大きさで決まる。住宅は、日当たりや通風を考慮し、南面が大きい建物になる傾向がある。台風などの暴風は南風のため、南面に大きな力が加わり、その支えが重要だ。一般的な木造住宅では、地震と風に対して必要な耐力壁が備わっているか壁量計算等で確かめており、暴風で建物が倒壊することは稀だという。「心配であれば壁量計算書等でどれくらい余裕があるのか確認してほしい」と矢野さんは呼びかける。

なぜ屋根が飛ぶ?

 昨年、金沢区や磯子区に甚大な被害をもたらした大型台風15・19号では、屋根が飛ばされる被害が多く確認された。矢野さんによると、建築基準法では、屋根葺材(瓦・ストーレ・金属板など)に対する安全基準はあるものの、一般的な木造住宅に対しては、屋根葺材の固定方法を示すのみで風の力に対しての構造計算を義務付けていない。そのため、暴風が直撃した際、建物は倒壊しなかったが、屋根が飛ばされるというケースが多かったと分析する。

 矢野さんは「これから家を建てる人やリフォームを考えている人は、屋根葺材の耐風性能の確認や構造計算を行ってほしい。長年住んでいる住宅は、まずは専門家に相談してほしい」と話した。

■取材協力/(株)矢野建築設計事務所 磯子区西町14の11神奈川県総合薬事保健センター3階 【電話】045・751・2889

株式会社矢野建築設計事務所

磯子区西町14‐11県総合薬事保健センター3階

TEL:045-751-2889

金沢区・磯子区版のピックアップ(PR)最新6

【タウンニュース春の特別号】

早期発見で中高年に光を

緑内障放置しないで

早期発見で中高年に光を

取材協力/かめざわ眼科

3月4日号

「所有の不動産買います」

ウスイホーム杉田店

「所有の不動産買います」

今年度買取予算は100億円

3月4日号

非常勤職員を募集

金沢区社協

非常勤職員を募集

 貸館管理、金銭管理支援、相談援助業務

3月4日号

法テラスと無料相談会

3月20日午前10時から 県司法書士会

法テラスと無料相談会

石川町駅前の新会館で

3月4日号

心も体も楽になる整骨院

心も体も楽になる整骨院

運動の必要性、自ら示す

3月4日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

磯子区3団体説明会開催

有償ボランティアやってみませんか?

http://www.fukushi-club.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日18:54更新

  • 1月21日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

買物で賞品当たる

買物で賞品当たる

金沢区でスタンプラリー

3月8日~4月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク