金沢区・磯子区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

あしたタウンプロジェクト 法人化で新たな一歩 micが並木ラボを運営

社会

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena
今後について話し合う理事ら
今後について話し合う理事ら

 横浜市立大学や横浜市住宅供給公社が中心となり金沢シーサイドタウンの活性化に取り組んできた「あしたタウンプロジェクト」が4月から新たな体制で再出発した。3月1日付で「一般社団法人金沢シーサイドあしたタウン」を立ち上げ。並木ラボを拠点とし、「若い世代を増やし持続可能なまちにすること」を目指し活動していく。

 11人の理事のうち、並木ラボ利用者や連合自治会の理事ら地域住民が半数以上を占める。代表理事を務めるのは、ふなだまりgionbune公園愛護会の高島哲代表と市大の中西正彦教授。月1回程度、理事会を実施していくという。

7月にリニューアル

 並木ラボは国の「地(知)の拠点整備事業」に選定され、2014年に設置。18年から3年間は市大の事業として運営し、市住宅供給公社や行政、企業、地域住民らと「横浜金沢シーサイドエリアマネジメント協議会」を立ち上げ、街の活性化に取り組んできた。

 20年度に市大としての事業が終了するため、以前から拠点の存続や運営について話し合われてきた。そこで並木ラボの運営に名乗りをあげたのが(株)三春情報センター(mic)だ。地域活性化や地域貢献を営業活動の一環と捉え拠点運営を担う。micの担当者葵俊亮さんは「地域の皆さんが発展的に関わり、循環して賑わっていくような魅力ある地域づくりをしていきたい」と話す。ラボにカフェエリアや住空間の展示スペースも設置し、7月頃リニューアルオープンする予定だ。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

海の公園で花植えを

海の公園で花植えを 社会

5月9日、ボランティア募集

5月7日号

認知機能検査の受入拡充

県運転免許センター

認知機能検査の受入拡充 社会

高齢ドライバー増加受け

5月7日号

SOS47が金沢署を訪問

伍代さん武藤さん

SOS47が金沢署を訪問 社会

特殊詐欺被害の防止を訴え

5月7日号

アフリカの現代アート

アフリカの現代アート 文化

日本大通りで原画展

5月7日号

ダンスを動画で披露

幼稚園教諭・保育士の魅力発信 横浜幼保プロジェクト

ダンスを動画で披露 教育

5月7日号

「応援サポーター」に中澤さん

不動産会社ウスイグループ

「応援サポーター」に中澤さん 経済

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter