金沢区・磯子区版 掲載号:2021年7月15日号 エリアトップへ

ストックベース 備蓄品寄付して廃棄削減 水を安藤建設と杉田小へ

社会

掲載号:2021年7月15日号

  • LINE
  • hatena
寄付品の水を手にする若色校長、関さん、安藤代表(右から)
寄付品の水を手にする若色校長、関さん、安藤代表(右から)

 金沢区の横浜市立大学に通っていた学生2人が立ち上げた(株)ストックベースが7月9日、企業の災害備蓄品だった水100ケースを磯子区の(株)安藤建設と杉田小学校へ寄付した。使用期限の迫った備蓄品などを必要とする団体へ届けることで、廃棄を削減して循環型社会の実現を目指す。

 ストックベースは横浜市大の学生・関芳実さんと菊原美里さんが、今年4月に休学して起業。企業が不要とするものを廃棄するのではなく、必要とする団体につないで活用してもらう事業に取り組んでいる。

 同社は寄付する企業から手数料を得て、寄付先への配送までを手配する。企業としては廃棄コストや業務を減らし、寄付を受ける団体は必要な物品を受けとることができ、廃棄削減にもつながる。現在、主に扱うのは水やアルファ米などの災害備蓄品。使用期限が過ぎる前に、子ども食堂や学生など、必要とする人へ届けてきた。代表取締役の関さんは「社会課題解決のため、協力先をもっと増やしていきたい」と話す。

無駄にせず有効活用

 今回はストックベースが企業から受けた水の寄付先を探す中で、安藤建設(磯子区中原/安藤竜一代表取締役)と出会った。安藤建設は現場での熱中症対策にと500ミリリットルペットボトル24本入りの水100ケースの寄付を受けることを快諾。さらに、安藤代表は「地域でも有効に活用してほしい」という思いから、杉田小学校へ半分の50ケースを寄付することを提案した。学校側も賛同し、児童を通して各家庭に配布することになった。

 寄付を受けた同校の若色昌孝校長は「備蓄したものなどを無駄にしないことの大切さを子どもたちに伝えられれば」と話した。

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

地域のICT活用を支援

磯子区役所

地域のICT活用を支援 社会

来年3月まで講座や相談会

11月25日号

こどもホスピスが開所

こどもホスピスが開所 社会

全国2例目、金沢区六浦東に

11月25日号

センター設置訓練 動画に

磯子区災ボラ

センター設置訓練 動画に 社会

誰もが手伝える体制目指す

11月18日号

旧規格消火器は交換を

旧規格消火器は交換を 社会

年内期限、事故の恐れも

11月18日号

企業×市民団体で広がり

AozoraFactory

企業×市民団体で広がり 社会

11月20日、泥亀公園で

11月11日号

IR推進費、11月清算へ

横浜市

IR推進費、11月清算へ 社会

8割執行見込も減額調整

11月11日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook