金沢区・磯子区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

雅楽演奏家・作曲家として12月10日に杉田劇場で公演を行う 真鍋 尚之さん 磯子区森在住 50歳

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena

生で伝える伝統と魅力

 ○…古典音楽として千年以上の歴史がある雅楽。竹管を円筒状に束ねた管楽器「笙」を中心に、雅楽演奏家として国内外で演奏してきた。昨年、優秀な若手の演奏家十数人を集めたアンサンブルを結成。山口、広島に続く地元での公演は集大成の位置づけだ。「カメラの前では面白くないし、演奏する側も聞く側も生だからこそ伝わることがある」。配信も増える中、生で演奏を届ける機会を大切にする。

 ○…クラシック音楽に惹かれ、作曲を勉強したいと高校・大学で音楽を学んだ。もともと城や庭園、建築など、日本古来のものが好きで、「日本人として日本の音楽をやりたい」という思いで行きついたのが雅楽だった。洗足学園大学4年時から笙を始め、同大卒業後は東京芸術大学へ雅楽専攻一期生として入学。卒業後は作曲・演奏の両面でコンクールに参加したり、文化庁文化交流使として欧州各地で雅楽を発信してきた。「雅楽には千年以上の伝統、蓄積がある。その一端として、雅楽を発展させて未来に残していきたい」

 ○…戸塚区で生まれ、泉区で育った。磯子区では約20年前から暮らし、2015年からは横浜市内の小学校でワークショップも展開。「雅楽と聞くと難しく思われるけど、良い音楽は聞けば分かるはず。小さい頃から良い音楽に触れてほしい」と、世代を問わず雅楽の普及に努めている。

 ○…一人で活動する時期が長かったが、アンサンブルをはじめ、近年は仲間と一緒の活動が増えてきた。「活動に共感してくれる良い仲間ができた。機会は減ったけど、練習した後に皆で飲むビールが楽しみ」。仲間と技術を高め合い、雅楽の芸術性を追求する――。そうしてできた演奏を各地で届け、雅楽の魅力を広めていく。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

高島 哲さん

富岡並木ふなだまりgionbune公園愛護会の会長や一般社団法人金沢シーサイドあしたタウンの代表理事を務める

高島 哲さん

金沢区並木在住 74歳

1月20日号

井上 学さん

劇作家・演出家で「杉劇☆歌劇団」の講師を務める

井上 学さん

磯子区中原在住 56歳

1月13日号

沼尻 竜典さん

2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める

沼尻 竜典さん

東京都在住

1月6日号

ボ·トゥ·レインさん

サインワイン奏者でミャンマーの伝統音楽を日本で伝える

ボ·トゥ·レインさん

金沢区金沢町在住 35歳

1月1日号

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

吉田町の巨大壁画を制作した

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

磯子区在住 44歳

12月23日号

江原 由美子さん

磯子区森の一般社団法人神奈川人権センターの理事長を務める

江原 由美子さん

西区在住 69歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月26日17:54更新

  • あっとほーむデスク

    10月17日22:57更新

  • 10月16日17:36更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

感染症など題材に講演

感染症など題材に講演

2月12日、金沢公会堂で

2月12日~2月12日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook