金沢区・磯子区版 掲載号:2022年8月4日号 エリアトップへ

県内の女性議員割合23% 横浜市、増加傾向も20%

社会

掲載号:2022年8月4日号

  • LINE
  • hatena

 7月の参院選では、過去最多となる35人の女性候補者が当選した。一方、国際機関の「世界経済フォーラム」が13日に発表した世界の男女格差をまとめた2022年版の「ジェンダーギャップ指数」では、日本は対象の146カ国中、116位。特に政治分野での女性進出が進んでいないことが浮き彫りになった。

 タウンニュース社が県内の33市町村議会を調査したところ、女性議員(性別は議会事務局への届け出による)は議員771人中180人で、割合は23・3%だった。総務省の最新調査(21年)では、全国の市区町村議会の女性議員の割合は15

・4%で、単純比較はできないものの、県内全市町村議会の値は、全国より約8ポイント高い。

 女性議員の割合が最も高かったのは大磯町の50・0%(14人中7人)で、最低は横須賀市(40人中4人)と真鶴町(10人中1人)の10・0%。横浜市は85人中17人で、割合は20・0%。全20政令市の平均20・6%と同等だった。横浜市議の女性割合は11年が11・6%、15年は16・3%で増加傾向にある。

 調査では全市町村議会が出産による議会の欠席を認めていることも分かった。また、横浜市会は旧姓使用を可能にするなど、女性議員が活動しやすい環境整備が進む。

均等にほど遠く

 18年に選挙の候補者の男女数をできる限り均等にするよう政党に求める「政治分野における男女共同参画推進法」が施行された。先の参院選では女性候補者の割合が初めて3割を超えるなど、各党が意識する。

 現在の横浜市議が選ばれた19年の選挙では、立候補者131人のうち女性は31人(23・7%)だった。市議選の女性候補者の割合は11年が16・2%、15年が18・0%と増えつつあるが、均等にはほど遠い状況だ。

 政党別では、19年の市議選で最も多い候補者を擁立した自民党は36人中4人、次に多い立憲民主党も19人中3人とともに1割台。公明党は11年以降の3回とも女性候補は1人、共産党は3回とも4割を超えており、政党によって傾向が異なる。

 横浜市会のある女性議員は「多様な議論を行うためにももっと女性議員が必要」と話す。男性議員からは「休日や夜間も支援者回りをするような人が党や有権者から評価される傾向がある。家庭や家族を犠牲にしている面は否定できず、子どもを持つ女性は立候補しづらいのでは」と指摘する声もある。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

チーム設立を横浜サッカー協会に報告

【Web限定記事】横浜副都心ALBATZ FC

チーム設立を横浜サッカー協会に報告 スポーツ

8月18日号

「山口家文書」を読み解く

【Web限定記事】神奈川県立金沢文庫(横浜市金沢区)で特別講演会

「山口家文書」を読み解く 文化

千葉大・佐藤博信名誉教授が講演

8月18日号

8月22日、防災ママカフェ

8月22日、防災ママカフェ 社会

備蓄食の体験も

8月18日号

地域と共に歩む

区内奉仕団体 今年度の新会長インタビュー

地域と共に歩む 社会

8月18日号

未就学児向け野球大会

未就学児向け野球大会 スポーツ

9月に長浜公園で

8月18日号

坂東工さんがライブペインティング

【Web限定記事】

坂東工さんがライブペインティング 文化

金沢区鳥浜町の高級家具店で

8月18日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook