神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

横浜金沢文化協会 時空超えた魅力発信 投影ジオラマの制作に挑戦

文化

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
試作品を投影する鈴木さん(左)と山本さん
試作品を投影する鈴木さん(左)と山本さん

 横浜金沢文化協会が、金沢区のジオラマにプロジェクションマッピングを投影し、時空的変遷を紹介するシステムを制作しようと取り組んでいる。「金沢区は市内でも公園や歴史遺産が多く魅力があるのに、人口減少が続いている。区民にもっと魅力を知ってもらう努力が必要なのでは」と、同協会事務局長の鈴木達洋さんを中心に2年ほど前から構想を開始した。

 ジオラマの土台と、時代の変遷を映し出すプロジェクションマッピングの本格的な制作には1000万円以上の費用がかかるため、区の歴史を研究する「歴遊会かねさは」代表の山本宏文さんらが自作の試作モデルを制作。発砲スチロールの板をカッターで切り抜いた同区の一部のジオラマに、縄文時代から地形の変遷をたどる映像を映し出した。山本さんは「クラウドファンディングも検討しているが、まずは多くの人に興味を持ってもらるような機会を増やしていけたら」と話していた。

 同協会では、関連したイベント『ジオラマ展示「金沢の歴史・文化を楽しもう!」』を2月1日から3日まで、金沢公会堂会議室で開催。長浜ホール=同区長浜=と国立研究開発法人水産研究・教育機構「水産資源研究所横浜庁舎」=同福浦=が所蔵する明治、大正、平成の3つの時代の金沢区の模型を並べて展示。時代とともに景観が大きく変遷する同区を紹介した。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

ありあけが「ハーバー」の売上などから1千万円を能登半島地震の義援金に

横浜市庁舎で安全を楽しく学ぶ「防犯フェスタ」

「高校生能登応援商店街」6月1日・2日にMARK IS みなとみらいで開催

金沢区から2件が受賞

横浜・人・まち・デザイン賞

金沢区から2件が受賞

5月30日

花と緑テーマに対話

市長と金沢区民

花と緑テーマに対話

公園ボランティアの会

5月30日

同一校で生徒2人自死

同一校で生徒2人自死

市、「重大事態」として検討

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook