神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

横浜市が50歳以上対象に無料で「もの忘れ検診」 認知症早期発見へ簡易検査

社会

公開:2024年4月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
市のサイトにつながる二次元コード
市のサイトにつながる二次元コード

 横浜市は50歳以上の市民を対象に認知症の簡易検査「もの忘れ検診」を2025年3月31日まで無料で実施している。

 認知症の早期発見、早期対応を進めるためのもので、23年度からは政令市では初めて、若年性認知症の有病率が高まる50歳以上までに対象を拡大している。

 アルツハイマー病の新たな治療薬「レカネマブ」が日本の製薬大手「エーザイ」とアメリカの「バイオジェン」によって共同開発された。アルツハイマー病の原因物質を取り除き、進行を遅らせるための国内初の治療薬で、23年12月に国内販売が開始。新薬の対象は、アルツハイマー病で認知症を発症する前の「軽度認知障害」や早期の認知症と診断された人で、認知症の兆候を早期に発見することが重要になってくる。

 24年度の「もの忘れ検診」の対象は▽市内在住で受診日時点で50歳以上▽受診日までに認知症の診断を受けたことがない――の2点を満たす人。市は65歳以上の人には、年1回の受診を勧めている。実施場所は市内159カ所の医療機関(50歳から64歳の人は53カ所)。

 受診費用は無料。ただし、認知症の疑いがあった場合は専門の医療機関が紹介される。その際の紹介料や精密検査の費用は有料となる。

 予約は受診希望の医療機関に電話で行う。問い合わせは市健康福祉局高齢在宅支援課【電話】045・671・4129。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook