中区・西区版 掲載号:2013年6月13日号
  • googleplus
  • LINE

ツイッター活用 2区で方針異なる 手探り状況を反映

 東日本大震災において、災害情報の拡散性に優れているとして注目が集まったソーシャルメディア「Twitter(ツイッター)」。

 横浜市では震災発生1週間後からツイッターを活用した情報発信を行っており、2年以上経過した現在はイベント情報などの発信も行っている。危機管理室や広報課をはじめ全18区中、14区役所がそれぞれの「アカウント」を持ち、つぶやいている。

中区有効活用を模索中

 中区がツイッターを活用開始したのは半年前の昨年11月。発信内容は災害情報に特化する。そのため、平時のつぶやきは行っていない。区広報相談担当は「緊急時の情報発信ツールの一つ」と位置付けている。

 イベント情報などについては、効果的な活用方法を検討している段階で、今のところ発信するめどは立っていないという。また、「行政からの情報発信なので、誤報にならないように、慎重に対応しなければならない」(同担当)と指摘した。

西区広報のツールに

 西区がツイッターを開始したのは昨年の8月。災害発生時における避難などの情報発信だけではなく、平時から区にかかわるイベントや土曜開庁情報、ホームページ更新のお知らせなどもつぶやく。

 西区の広報相談担当はツイッターについて「即時性に優れている。ホームページや区広報紙の補完機能として活用している」と話す。例えば、締切などの関係で広報紙に掲載できなかったイベント情報や、開催直前の再告知、開催延期の周知などにも有効という。

 横浜市は、ツイッター運用方針として企業や団体、個人等の特定の「アカウント」のフォロー(読み込み)および、返信は原則行わない。そのため双方向の情報交換機能は活用できない。

誤報を踏まえ管理徹底

 すべてのアカウントにおいて「つぶやく」にあたり、運営管理責任者の決裁が必要となっている。しかし、4月10日に危機管理室が、ツイッターで北朝鮮による「ミサイル発射」と誤発信したことは記憶に新しい。市広報課は「当日に、各ツイッターの管理者を集め、運用やデータ管理の徹底をはかった」と説明する。

FBの活用は検討中

 市はツイッターを活用する一方で、ソーシャルメディア「Facebook(FB・フェイスブック)」の運用は見送る。

 FBのすぐれた広報機能は認めつつも、広聴の役割として「市民から寄せられるコメント(意見)の取り扱い方針がまだ整理できていない」と説明する。庁内で有効な活用方法を検討している段階だという。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク