中区・西区版 掲載号:2015年10月22日号
  • googleplus
  • LINE

「あけぼの会」 介護者互いに支援 年8回つどいも

社会

会報を持つ竹下さん
会報を持つ竹下さん
 介護者がともに苦労を分かち合い、励まし合う場所を―。西区に在宅介護者が集まり、互いに支援しあう団体「あけぼの会」がある。

 同会は設立28年目。介護者同士が悩みを話し合う場として「介護者のつどい」を年8回ほど、区内の地域ケアプラザと共催している。同所の職員や区の保健師なども参加し、公的制度について分からないこともその場で相談できる仕組みだ。また、毎月第3日曜日には会員同士で食事会を開き親睦を深める機会も設ける。

 その中心にいるのは、同会会長の竹下淳子さん(71)。脳梗塞で右半身がマヒし、車いす生活を送る98歳の父を支える「現役」の介護者だ。竹下さんが同会に入ったのは45歳の時。運動機能が低下する骨髄小脳変性症という難病に母が侵され、介護が必要になったのがきっかけだ。会に参加するようになって、介護のストレスや苦労を話し合う中で「バランスがとれた」という。

 今年の4月からは認知症の人やその家族の情報交換の場「認知症カフェ」を毎月第3土曜日に開催するなど、活動を広げている。

孤立防止、目的の1つ

 現在、会員は約60人。3分の2は介護をしてきた相手を亡くしているが、恩返しがしたいという思いで、活動を継続する人は多い。いまは現役介護者の良きアドバイザー役になっている。

 竹下さんは「介護者を孤立させないことが会の大きな目的のひとつ。地域で助け合いながら生活できる環境になれば」と話す。

 次回のつどいは11月8日(日)、午後1時から3時まで、宮崎地域ケアプラザで開催予定。(問)あけぼの会【電話】045・311・0779

桜木町駅前ホテル内のスイミング

ベビーから大人まで無料体験実施中!

http://www.breezbay-fit.co.jp

確定申告の季節です。

青色申告のことならなんでもお気軽に

http://www.yokohamaaoiro.com/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

本殿造営へ仮遷座祭

伊勢山皇大神宮

本殿造営へ仮遷座祭

2月15日号

小中学校生18人が入賞

中区明るい選挙推進作文コン

小中学校生18人が入賞

2月15日号

若手署員が壁面に

永年勤続者を新たに表彰

マラウイ代表が加入

サッカーYSCC

マラウイ代表が加入

2月15日号

平成のかさ地蔵

平成のかさ地蔵

2月15日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域デビューのきっかけに

講演会

地域デビューのきっかけに

23日、山崎亮さんが語る

2月23日~2月23日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク