中区・西区版 掲載号:2016年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

生活習慣病が心配な方へ コレットマーレ医療モール「みなとみらいケンズクリニック」 胃がんリスク検診で分かること 取材協力/みなとみらいケンズクリニック 渡邊史郎院長

渡邊 史郎 院長
渡邊 史郎 院長

 Q・胃がんリスク検診(ABC検診)を受けたところ精密検査が必要だと言われました。もしかして胃にがんがある、ということなのでしょうか?

 A・胃がんリスク検診(ABC検診)はヘリコバクター・ピロリ菌感染の有無を調べる血液検査と胃粘膜の萎縮(老化)を調べる検査(ペプシノゲン法)を組み合わせて胃がんになりやすいかどうかを判断する検診で、がんを発見することはありません。胃の中にピロリ菌が長期にわたって住み着き、胃粘膜の萎縮が進むほど胃がんの発生率が高くなります。

 同検診を受けると、診断結果によりA群からD群の4つのグループに分類されます。

 A群はピロリ菌感染がなく胃粘膜の萎縮もありません。この群からはほとんど胃がんが見つからず、他の胃の病気になる危険性も低いと考えられます。しかし発生率がゼロという訳ではなく、食道や十二指腸など胃以外の病気のリスクがないという訳でもありません。B群はピロリ菌感染があり、胃粘膜の萎縮は軽度です。ピロリ菌の除菌が必要です。C群は中等度、D群は高度に胃粘膜が萎縮しており、胃がんのリスクが高い群です。D群は胃粘膜の萎縮が進行したため、ピロリ菌が住めなくなっている状態です。

 検診後に精密検査が必要と言われた方は専門医に相談した上で内視鏡検査を受けピロリ菌除菌治療を行うと良いでしょう。治療後も定期的な経過観察が必要です。万が一がんが見つかったとしても、早期であれば手術をせずに内視鏡で治療することが可能です。定期的な内視鏡検査が胃がんの早期発見には大切です。
 

医療法人社団健生会 みなとみらいケンズクリニック

〒231-8331横浜市中区桜木町1-1-7 TOCみなとみらい3階

TEL:045-651-2588

http://www.kens-clinic.jp/minatomirai/

海野歯科医院【黄金町・阪東橋】

歯科口腔外科の専門医であり、顎関節症の治療が得意です!

http://www.umino-dc.com/

池野歯科医院(中区竹之丸55)

高齢者など病院に行けない方のために、訪問歯科診療を行っています!

http://ikeno-shika.com/

<PR>

中区・西区版のピックアップ(PR)最新6件

専門医が語る「人工関節」

医療講演会

専門医が語る「人工関節」

6月7日号

内覧・相談を随時受付中!!

南区永田東に6月オープン 残りわずか

内覧・相談を随時受付中!!

6月7日号

急患対応している歯科医院

関内駅南口1分

急患対応している歯科医院

6月7日号

子ども〜大人の矯正治療

誰でも簡単にウクレレ

Lプラザ

誰でも簡単にウクレレ

6月7日号

本牧・山手で「住みたい・売りたい」

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月7日号

お問い合わせ

外部リンク