中区・西区版 掲載号:2016年5月19日号 エリアトップへ

中区・西区 地域づくりの推進に重点 2016年度の運営方針で

政治

掲載号:2016年5月19日号

  • LINE
  • hatena

 中区および西区は、職員の行動指針となる「運営方針」をこのほど、発表した。

中区

 中区は、重点施策として昨年度同様に「地域防災力の向上」と、新たに「地域福祉保健の推進」を掲げた。

 地域防災力の向上は、自助・共助の推進を基盤として、地域や企業が自主的な減災対策を進める支援を区として行うとしている。

 新たに重点施策に掲げた「地域福祉保健の推進」については、4月からスタートした第3期「地域福祉保健計画」を柱として、介護や医療など生活に関わる基盤を地域で整備していこうという「地域包括ケアシステム」の構築などを盛り込んだ。区政推進課では、同システム構築の先駆的な事例となるように取り組みたいとしている。

 その他にも、4つの基本施策を示した。その中でも、新たに取り組むことの一つに認知症への理解・啓発の促進がある。同課では具体的な取り組みとして、それに資するガイドマップ作成をあげた。また、2017年度の区制90周年に向けた機運の盛り上げ、さらに全市的な様々なイベントの開催地となる地域として、それらのイベントと連携することで地域活性化に取り組むとしている。

 組織運営としては、マイナンバー制度への対応など、さらなる個人情報の徹底管理や、障害者差別解消法施行を踏まえた、サービスの提供環境の改善などを目指すとしている。

西区

 西区は「つながりを大切に、誰もがにこやかしあわせなまち、西区へ」を基本目標に掲げる。第3期地域福祉保健計画(通称にこまちプラン)のスタートに合わせて目標達成に向けた5つの施策「地域のつながりづくり」「安全・安心なまちづくり」「魅力発信・にぎわいのあるまちづくり」「いきいきと健やかに暮らせるまちづくり」「活気にあふれたきれいなまちづくり」を策定した。

 今年度拡充する事業・取組みとしては、にこまちプラン推進のために講座やプロジェクトを実施。また、減災に向けた地域支援として初期消火器具の補助や訓練を実施。健康危機管理では感染症・食中毒を防ぐためにカードゲーム等を利用した啓発に力を入れる。

 地域の魅力発信には散策ルート「温故知新のみち」の拡充や案内サインを設置し、まち歩きアプリを活用したイベントを行う。子育て支援では区内関連施設が連携して育児講座の開催や保育士による子育て相談を行い、保育の質向上を図る。また新たな健康づくりの担い手を育成し、自治会町内会単位での健康づくりも進めるとしている。

中区・西区版のローカルニュース最新6

鬼滅の刃の登場人物名乗り、中区役所へ3千円寄付

【Web限定記事】

鬼滅の刃の登場人物名乗り、中区役所へ3千円寄付 社会

匿名でパルスオキシメーターも

9月23日号

若者の接種、加速化へ

【Web限定記事】

若者の接種、加速化へ 社会

進む、新型コロナワクチン接種 横浜市、当初計画を前倒し

9月23日号

過去2年の成果を報告

【Web限定記事】横浜市まち普請事業

過去2年の成果を報告 社会

23日にライブ配信

9月23日号

全国から480作品

SDGs小論文

全国から480作品 社会

大賞全文を公開

9月23日号

松井大輔らが加入

Y.S.C.C.横浜

松井大輔らが加入 スポーツ

フットサルへ初の挑戦

9月23日号

五感で楽しむ展覧会

【Web限定記事】横浜駅直通のアソビル

五感で楽しむ展覧会 文化

人気番組「びじゅチューン!」の史上最大規模となるイベント

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook