中区・西区版 掲載号:2016年10月13日号 エリアトップへ

横浜ワールドポーターズ 秋さんま1500匹ふるまう 気仙沼の支援イベントで

社会

掲載号:2016年10月13日号

  • LINE
  • hatena
義援金寄付者にふるまわれた焼きたてさんま
義援金寄付者にふるまわれた焼きたてさんま

 横浜から気仙沼へエールを贈ろうと10月8日、みなとみらいのナビオス横浜前で『横浜新港・さんま祭り』が行われた。気仙沼で水揚げされた旬のさんま1500匹とつみれ汁500杯が、復興支援義援金を寄付した人を対象にふるまわれた。

 開始当初は激しい雨に見舞われたものの、会場には炭火で焼かれた新鮮なさんまを待つ長蛇の列。用意されたさんまは、すべて来場者の胃袋に消えた。南区から子ども2人と夫の家族4人で訪れた40代の女性は「炭火で焼いたさんまを外で食べるととてもおいしいですね」と話していた。

 この取り組みは、7月に連携協定を結んだ横浜ワールドポーターズ(YWP)と気仙沼市が主催。2012年から春に開催していたが、協定を契機にさんまの旬な秋開催が実現した。

バリアフリーフェアも

 10月2日には、YWPの社会貢献活動の一環である第16回「バリアフリーフェア」が同所で行われた。今年は、「ロボットと人との共生」をテーマに、東京工業大学工学院長の岩附信行教授と同大の遠藤玄准教授がトークライブ。両氏は、介護現場などでの人材不足を例に今後、ロボットとの共生はさらに進むと指摘していた。酸素犬ロボットの実演も行われた。

酸素犬ロボットの実演
酸素犬ロボットの実演

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

横浜スカーフの魅力発信

横浜スカーフの魅力発信 社会

10日間で1600人が来場

5月12日号

市スポーツ栄誉賞に2人

市スポーツ栄誉賞に2人 スポーツ

鍵山・高木両選手が受賞

5月12日号

高齢期の安心に講座

戸部本町地域ケアプラ

高齢期の安心に講座 社会

5月23日、行政書士が講師

5月12日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月12日号

開催概要を発表

横浜音祭り

開催概要を発表 文化

約250のプログラムを展開

5月12日号

「自然と遊ぼう」

ボーイスカウト横浜第34団

「自然と遊ぼう」 教育

5月29日、根岸森林公園で

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook