中区・西区版 掲載号:2017年7月6日号 エリアトップへ

市教委 学校建替え基本方針を策定 384校が対象に

教育

掲載号:2017年7月6日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市教育委員会はこのほど、市立小中学校の建替えに関する基本方針を策定した。1981年度以前に建設された校舎がある小中学校と義務教育学校384校が対象。築70年を越えないよう、古い学校から順次建替えを実施する。

 現在市内の小中学校数は485校と国内でも最多クラス。その多くが学齢期人口の急増に合わせて昭和40年代から50年代にかけて集中的に整備されてきた。

築40年越える学校が半数以上

 それから半世紀近くが経ち、8割を超える学校が築後30年を経過。従来建替えの目安とされてきた築40年を半数以上の学校が超えており、10年後には9割近い学校がこれに当てはまる。

 市が2000年に作成した公共施設の長寿命化に関する基本方針では、学校施設も築70年まで使用することとなっている。これまで各校では耐震補強など必要な改修を加えながら使用してきた。しかし61年前に建てられた校舎が残る中村小学校=南区=など「築70年」を見据える学校も出てきたことから、今回建替えに関する基本方針を策定することとなった。

今年秋にはまず3校を選定

 建替えは原則、平均築年数の古い学校から行い、全面建替えを基本とする。選定に関しては、教育委員会内に選定会議を設け進めていく。整備基準を大きく下回る学校や、小規模校の統合、他の公共施設などとの複合化といった要素も加味される。今年秋ごろにはまず3校を選定する予定。

 教育施設課では「ただ古い学校から始めるのではなく、どこに焦点を当てるかを決めるための基本方針」と話す。

 建替えが決定した学校は基本構想、基本設計、実施設計までを1年ごとに実施。4年目以降で工事に着手する。工期は2年程度を目安としており、建替え決定から工事完了までは5年程度がかかることとなる。

 事業期間は該当校すべてが築70年となる2051年まで。事業費は約1兆円と試算している。

中区・西区版のローカルニュース最新6

開幕戦はスコアレスドロー

YSCC横浜

開幕戦はスコアレスドロー スポーツ

相模原とリモートマッチ

7月2日号

屋上プール 今夏も営業

ローズホテル

屋上プール 今夏も営業 経済

宿泊などの利用者限定で

7月2日号

感染症対策を可視化

感染症対策を可視化 社会

県が事業者向けに

7月2日号

新庁舎でも演奏会開催

新庁舎でも演奏会開催 文化

予約制で7月から

7月2日号

「省プラ生活」アイデア発信

市資源循環局

「省プラ生活」アイデア発信 社会

SNSで企業の取り組みなど

7月2日号

コロナ基金に3億2千万超

コロナ基金に3億2千万超 社会

県が専用口座で受付中

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日12:39更新

  • 7月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月1日21:03更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク