中区・西区版 掲載号:2017年7月6日号
  • LINE
  • はてぶ

文化財の保存と活用、焦点 横浜市開港記念会館 100周年記念フォーラムで

社会

開港記念会館について語る登壇者ら(左から渡辺氏、嶋田氏、西川氏、鈴木氏、柏木氏)
開港記念会館について語る登壇者ら(左から渡辺氏、嶋田氏、西川氏、鈴木氏、柏木氏)
 横浜市開港記念会館が7月1日に開館100周年を迎えた。それを記念して開かれた記念フォーラムでは、識者5人が開港記念会館をはじめとする歴史的建造物のあり方や、歴史を未来に伝えていくために必要なことなどについて、意見を交わした。

 登壇者は西川武臣氏(横浜開港資料館・横浜都市発展記念館副館長)・渡辺真理氏(アナウンサー)・嶋田昌子氏(横浜シティガイド協会理事)・鈴木伸治氏(横浜市大教授)・柏木智雄氏(横浜美術館副館長)。

 横浜市の文化財保護条例の施行は1988年。今では山手や関内などに残る近代の歴史的建造物は、横浜の観光資源になっていることもあり、その保存と活用に焦点があたった。

 保存と活用には相反する部分があるものの、文化財の価値を未来につなぐためには、いずれも必要という認識で一致。一方、保存には資金がかかることもあり、都市計画や都市デザインを専門とする鈴木教授は、市民らの寄付による保存が望ましいと指摘した。

 市民の寄付で建てられた同会館の歴史を踏まえ、嶋田氏は「先達のまちづくりの精神を伝えていかなければならない」として、「五感に訴えるのが一番記憶に残る。一人ひとりが言葉で歴史や文化を未来へ伝えていくことが大切」と話していた。

11月3日(祝)は馬車道まつり

馬車・人力車の試乗会やワゴンセール、馬とのふれあいなどイベント多数!

http://www.bashamichi.or.jp/

秋競馬開催!JRAウインズ横浜

10月27日~11月18日の毎週土日に物産展など、イベント多数開催!!

http://www.jra.go.jp/facilities/wins/yokohama/

馬の博物館で「馬とのつどい」

11月11日、「流鏑馬・笠懸披露」、馬や馬車の試乗会などイベント盛り沢山!

http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/uma/

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月25日号

お問い合わせ

外部リンク