中区・西区版 掲載号:2017年7月6日号 エリアトップへ

文化財の保存と活用、焦点 横浜市開港記念会館 100周年記念フォーラムで

社会

掲載号:2017年7月6日号

  • LINE
  • hatena
開港記念会館について語る登壇者ら(左から渡辺氏、嶋田氏、西川氏、鈴木氏、柏木氏)
開港記念会館について語る登壇者ら(左から渡辺氏、嶋田氏、西川氏、鈴木氏、柏木氏)

 横浜市開港記念会館が7月1日に開館100周年を迎えた。それを記念して開かれた記念フォーラムでは、識者5人が開港記念会館をはじめとする歴史的建造物のあり方や、歴史を未来に伝えていくために必要なことなどについて、意見を交わした。

 登壇者は西川武臣氏(横浜開港資料館・横浜都市発展記念館副館長)・渡辺真理氏(アナウンサー)・嶋田昌子氏(横浜シティガイド協会理事)・鈴木伸治氏(横浜市大教授)・柏木智雄氏(横浜美術館副館長)。

 横浜市の文化財保護条例の施行は1988年。今では山手や関内などに残る近代の歴史的建造物は、横浜の観光資源になっていることもあり、その保存と活用に焦点があたった。

 保存と活用には相反する部分があるものの、文化財の価値を未来につなぐためには、いずれも必要という認識で一致。一方、保存には資金がかかることもあり、都市計画や都市デザインを専門とする鈴木教授は、市民らの寄付による保存が望ましいと指摘した。

 市民の寄付で建てられた同会館の歴史を踏まえ、嶋田氏は「先達のまちづくりの精神を伝えていかなければならない」として、「五感に訴えるのが一番記憶に残る。一人ひとりが言葉で歴史や文化を未来へ伝えていくことが大切」と話していた。

中区・西区版のローカルニュース最新6

開幕戦はスコアレスドロー

YSCC横浜

開幕戦はスコアレスドロー スポーツ

相模原とリモートマッチ

7月2日号

屋上プール 今夏も営業

ローズホテル

屋上プール 今夏も営業 経済

宿泊などの利用者限定で

7月2日号

感染症対策を可視化

感染症対策を可視化 社会

県が事業者向けに

7月2日号

新庁舎でも演奏会開催

新庁舎でも演奏会開催 文化

予約制で7月から

7月2日号

「省プラ生活」アイデア発信

市資源循環局

「省プラ生活」アイデア発信 社会

SNSで企業の取り組みなど

7月2日号

コロナ基金に3億2千万超

コロナ基金に3億2千万超 社会

県が専用口座で受付中

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日12:39更新

  • 7月2日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    7月1日21:03更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク