中区・西区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

福祉施設で作品展 利用者や住民の秀作並ぶ

文化

自分の作品を眺める利用者
自分の作品を眺める利用者
 (社福)恩賜財団神奈川県同胞援護会が運営する救護施設・岡野福祉会館と老人ホームのパークサイド岡野ホーム=いずれも西区岡野=で10月28日と29日、利用者や地域住民の作品展「ハートフルフェスタ」が開かれた。

 救護施設とは年齢を問わず、障害者や生活困窮者を受け入れ自立をめざす施設。1996年の同会館開所をきっかけに、両施設を通じた地域福祉の交流促進を目的に作品展と演芸会が開かれている。

 両施設内では利用者や職員、地域住民や団体が製作した、絵画や手芸作品などが展示された。同会館の石井謙次施設長は「利用者の方々にとって作品作りは日々の楽しみ。完成した時の達成感もあると思います」と話した。

ドコモスマホ教室

体験会やメールの使い方など、分かりやすく説明します

https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0300306919200

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク