中区・西区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

よこはまグリーンピース 県事業で観光みやげ開発 web上の提案と共創

経済

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena
横浜野菜を使った「醤」
横浜野菜を使った「醤」

 横浜駅近くの飲食店「大ど根性ホルモン」などを経営する(株)よこはまグリーンピース=神奈川区=は、このほど神奈川県が主導する新商品開発支援事業として、「観光みやげ品」の新商品を市内の農家と協働で完成させた。

 全国の消費者・生活者からアイデアや知恵を集め、新商品を開発する県の「クラウドソーシング活用型新商品開発支援事業」の一環。「横浜野菜を使った生ふりかけ」をテーマに昨年10月からweb上のコミュニティでアイデアを募り、商品開発を進めた。ヘルシー・健康志向の提案を多く受けるなか、市内で青汁の原料となるケールを栽培する農家とコラボし、「横浜野菜醤(じゃん)ケールじゃん」を開発した。椿直樹代表は「横浜野菜を手軽に食べてほしいとの願いから市内生産者とのコラボにこだわった」と話す。「大ど根性ホルモン」で、100グラム540円で販売中だ。

 同事業では岩井の胡麻油(株)=神奈川区=と(株)美濃屋あられ製造本舗=中区小港町=のコラボ商品も誕生。6月末から県観光協会の土産物店「かながわ屋」で販売予定。

中区・西区版のローカルニュース最新6

詐欺防止に感謝状

横浜中郵便局

詐欺防止に感謝状 社会

100万円の家賃に待った

1月20日号

中学生が公演制作に

MMホール

中学生が公演制作に 社会

5月の本番へ 活動開始

1月20日号

「ひょうちゃんルーム」登場

ホテルアソシア新横浜

「ひょうちゃんルーム」登場 社会

崎陽軒初 期間限定コラボ

1月20日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月20日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

12校にレモン植樹へ

新設NPO

12校にレモン植樹へ 社会

観光資源の開発一助に

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook