中区・西区版 掲載号:2018年8月30日号
  • LINE
  • hatena

信頼できる情報をしっかり伝える

政治

 横浜市において30年以内に震度6弱以上の地震が発生する可能性は82%。そのなかでも中区は被害想定が最も大きいエリアです。

 そこで「いっとき避難場所」や「地域防災拠点」など、防災に関わる情報の周知を改めて徹底していきたい。また災害時に様々な情報が流れ、混乱しないよう信頼できる情報をきちんと伝えることが大切です。そのためにもホームページやツイッター、広報車、また風水害発生時など緊急的な情報を登録した電話に伝達する「緊急時情報システム」などで情報を発信し、身の回りの客観的な災害情報を把握できる環境整備に努めていきます。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

丸山ゴンザレス氏が講演

横浜JC

丸山ゴンザレス氏が講演

3月8日、午後7時から

3月8日~3月8日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク