中区・西区版 掲載号:2018年11月1日号
  • LINE
  • hatena

横浜美術館 駒井作品210点が一堂に 現代銅版画の先駆者

文化

表情豊かな駒井の版画
表情豊かな駒井の版画

 日本における現代銅版画のパイオニアと評される駒井哲郎(1920〜76)。その作品約210点が一堂に会する企画展が横浜美術館で開催されている。12月16日まで。

 駒井作品は深淵な詩的世界が刻まれた版画により国内外で高い評価をえてきた。会場には駒井の版画作品や詩画集など約210点とともに、オディロン・ルドンや谷川俊太郎などの関連作家作品約70点も。初期から晩年までの作品を縦糸に、芸術家たちとの交流や影響関係を横糸とすることで駒井の多面的な姿を捉えなおし、新たな魅力に迫る。

 開館午前10時〜午後6時、木曜休館。観覧料は一般1500円。

11月3日は観覧無料

 開館記念日である11月3日「文化の日」は観覧無料に。展示内容など詳細は横浜美術館【電話】045・221・0300へ。
 

中区・西区版のローカルニュース最新6件

求む「ねこ」の写真

大佛次郎記念館

求む「ねこ」の写真

12月6日号

中国旅行社と誘客タッグ

濱口選手が一日署長に

加賀町署

濱口選手が一日署長に

12月6日号

松島病院院長が講演

優良小売店に「ゴールデン文具」

ハムリーズが日本初出店

ワールドポーターズ

ハムリーズが日本初出店

12月6日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク