中区・西区版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • hatena

フェルメールへの憧憬に焦点 本牧絵画館で企画展

文化

フェルメールに傾倒した岩田へのオマージュとして描かれた「フェルメール家の岩田氏」も展示
フェルメールに傾倒した岩田へのオマージュとして描かれた「フェルメール家の岩田氏」も展示
 本牧ゆかりの画家、岩田榮吉(1929〜1982)とオランダ人画家フェルメールとの関わりに注目した企画展「―岩田榮吉の世界―フェルメールへの憧憬」が来年1月21日まで、横浜本牧絵画館=中区本牧元町40の7=で開かれている。

 1957年から25年間、フランスで活動してきた岩田。留学直後からオランダを訪れ、「牛乳を注ぐ女」などフェルメールの作品や足跡を追っていた。今回の企画展は渡仏後の岩田の作品16点のほか、岩田がアムステルダムやパリで購入したフェルメールのポスターや絵はがきも見ることができる。開館時間は午前10時から午後5時まで。火曜休館。観覧料500円。

 同館では「横浜本牧と絵画」をテーマにした常設展示も行っている。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク