中区・西区版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

客船ターミナル 今年、2カ所新設へ 新港地区と大黒ふ頭に

社会

▶今秋オープン予定の新港地区完成予想図
▶今秋オープン予定の新港地区完成予想図

 2019年、横浜港で新たに2カ所の客船ターミナルの運用が開始される。大黒ふ頭=鶴見区=と、みなとみらい21新港地区のふ頭だ。

 大黒ふ頭は17年12月に改良工事が始まり、出入国手続きを実施するCIQ(税関・出入国審査・検疫)施設が整備されることで、今年4月から本格的な運用開始となる。

 新港地区の客船ターミナルは今年の秋ごろオープン予定。客船が接岸するふ頭には、地上5階、延床面積約3万300平方メートルの施設が整備され、1階にはCIQ、1・2階には食をテーマにした商業施設、1階から5階には高品質なホテル(客室数約200室)などが入る計画となっている。

 ふ頭を所有する市が、公民連携事業として事業内容を公募。(株)横浜岡田屋を代表企業とする8社からなるグループ「(仮称)Yokohama Pier9」の提案が選ばれ、同グループの構成企業が中心となり設立した新港ふ頭客船ターミナル(株)が開発主体となっている。

 新港ふ頭は、日本初の近代的ふ頭として横浜港の中心的な役割を担ってきた歴史を持ち、ふ頭先端には横浜港第一号の「ハンマーヘッドクレーン」が設置されたことから、この開発事業は「ヨコハマハンマーヘッドプロジェクト」と命名された。

市、機能強化に注力

 近年、世界的にクルーズ人口が急増しており、特にアジアではその傾向が強く、横浜港に寄港する客船は大型化が進んでいる。行楽シーズンには客船の寄港が集中することもあり、大さん橋だけでは十分な対応が困難な状況という。また横浜ベイブリッジを通過できない超大型客船への対応も必要なことから、市は全庁をあげて受入機能の強化に取り組んできた。

 今秋オープン予定の新港地区のターミナルは、10万トン程度までの客船を想定。港湾局によると「10万トン級の船がここまで市街地に近いところに停泊できるのは世界的にも珍しい」と指摘し、乗船客などによる経済効果も期待する。また新港地区から臨港パークへの水際線をつなぐ橋が20年中に整備予定で、市は、みなとみらい地区の回遊性向上も見込んでいる。

4月にQE寄港

 ベイブリッジの外港に位置する大黒ふ頭では、22万トン級の超大型客船にも対応する。4月と5月には客船「クイーン・エリザベス」の発着が予定されており運用開始後の初の利用客船となる。

 同ターミナルは自動車専用船岸壁を暫定利用するもので、市は山下ふ頭の再開発計画を見据えながら、将来的には本牧ふ頭への整備を視野に入れている。
 

▶4月運用開始の大黒ふ頭予想図
▶4月運用開始の大黒ふ頭予想図

中区・西区版のローカルニュース最新6件

「犬にやさしい街」へ2年目

横浜ドッグウィーク

「犬にやさしい街」へ2年目

4月18日号

骨髄ドナーに助成金

横浜市

骨髄ドナーに助成金

4月18日号

パパママ向けに防災ノート

新生活の悩みを語り合い

子育て世代

新生活の悩みを語り合い

4月18日号

8代目大使が決定

県森林再生パートナーに

(株)日新

県森林再生パートナーに

4月18日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク